詩編 140:1‐13

指揮者のために。ダビデの調べ。 140  エホバよ,悪い者たちから*わたしを助け出してください+暴虐を働く者からわたしを守ってくださいますように+   彼らは心の中で悪いことをたくらみました+彼らは戦いのときのように一日じゅう攻めかかります+   彼らは自分の舌を蛇の[舌]のように鋭くしました+つのまむしの毒液がその唇の下にあります+。セラ。   エホバよ,邪悪な者の手からわたしを守ってください+暴虐を働く者から*+わたしの足を突こうとたくらんだ者たちから,わたしを守ってくださいますように+   自分を高める者たちはわたしのために仕掛けを隠し+通り道のそばに綱を網として広げました+彼らはわたしのためにわなを仕掛けました+。セラ。   わたしはエホバに*申し上げました。「あなたはわたしの*です+エホバよ,わたしの嘆願の声にどうか耳を向けてください+」。   主権者なる主+,エホバ,わたしの救いの力よ+あなたは軍隊の日にわたしの頭を覆ってくださいました+   エホバよ,邪悪な者の渇望をかなえさせないでください+そのたくらみを遂げさせないでください。彼らが高められることのないためです+。セラ。   わたしを取り囲む者たちの頭については+彼らの唇の難儀がこれを覆いますように+ 10  燃える炭火が彼らの上に落とされますように+彼らが火の中+,水の坑に落とされ,起き上がれなくなるように+ 11  偉そうな口を利く者* ― その者は地に堅く立てられることがないように+暴虐の者 ― その者を悪が繰り返し打って駆り立てるように+ 12  エホバが,苦しんでいる者の申し立て,貧しい者たちの裁き+履行してくださること+を,わたしはよく知っています。 13  確かに,義なる者たちは自らあなたのみ名に感謝し+廉直な者たちはあなたのみ顔の前に住むのです+

脚注

「者たちから」。字義,「地の人から」。ヘ語,メーアーダーム
から」。ヘ語,メーイーシュ
エホバに」。ヘ語,ライフワー
「わたしの」。ヘ語,エーリー。
または,「中傷する者」。字義,「舌の人」。