詩編 137:1‐9

137  バビロン*の川*のほとり+ ― そこにわたしたちは座った+わたしたちはまた,シオンを思い出して泣いた+   わたしたちはその*中のポプラ+の木にたて琴を掛けた+   わたしたちをとりこにしている者たちが,その場所で歌の言葉をわたしたちに求めたからである+わたしたちをあざける*者たちが ― 興を求めて+「我々のためにシオンの歌を一つ歌え+」と。   異国の地*+どうしてエホバの歌を歌うことができるだろうか+   エルサレムよ,もしもわたしがお前を忘れるようなことがあるなら+わたしの右手が忘れやすくなるように。   もしもわたしがお前を思い出さないようなことがあるなら+わたしの舌が上あごにくっつくように+もしもわたしがエルサレムを,わたしの歓びのおもな理由より上に置かないなら+   エホバよ,エドムの子らに関して+エルサレムの日+を思い出してください+彼らは言ったものです,「[それを]さらけ出せ。その中の基までもさらけ出せ」と+   バビロンの娘よ,お前は奪略に遭うのだ+お前がわたしたちに加えたその仕打ちをもって+お前に報いる者は幸いだ+   お前の子供たちを捕まえて+大岩にたたき付ける者は幸いだ。

脚注

「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「川」(複)。または,「大川」,すなわち,ユーフラテス川,偉観を表わす複数形であれば。
または,「彼女の」。「バビロン」を指している。
「あざける」。このヘブライ語の意味は明確でない。
字義,「異(国)の地」。