内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 137:1‐9

137  バビロン**ほとり+ ― そこわたしたち座っ+わたしたちまた,シオン思い出し泣い+   わたしたちその*ポプラ+たて琴掛け+   わたしたちとりこいるたちが,その場所言葉わたしたち求めからある+わたしたちあざける*たちが ― 興求め+「我々ためシオン一つ歌え+」と。   異*+どうしてエホバ歌うことできるだろ+   エルサレムよ,もしもわたしお前忘れるようことあるなら+わたし右手忘れやすくなるように。   もしもわたしお前思い出さないようことあるなら+わたし上あごくっつくよう+もしもわたしエルサレムを,わたし歓びおも理由より置かないなら+   エホバよ,エドム関し+エルサレム+思い出しください+彼ら言っものです,「[それを]さらけ出せ。そのまでさらけ出せ」と+   バビロンよ,お前奪略遭う+お前わたしたち加えその仕打ちもっ+お前報いる幸い+   お前子供たち捕まえ+大岩たたき付ける幸いだ。

脚注

「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「川」(複)。または,「大川」,すなわち,ユーフラテス川,偉観表わす複数あれば。
または,「彼女の」。「バビロン」を指しいる。
「あざける」。このヘブライ意味明確ない。
字義,「異(国)の地」。