アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 135:1-21

135  あなた方はヤハを賛美せよ*+ エホバのみ名を賛美せよ+ 賛美をささげよ,エホバの僕たちよ+   エホバの家に+ わたしたちのの家の中庭に立っている者たちよ+   ヤハ*を賛美せよ。エホバは善良な方だからである+ そのみ名に調べを奏でよ。それは快いものだからである+   ヤハはご自分のために,実にヤコブを, ご自分の特別の所有物+のために,イスラエルを選ばれたからである+   わたしは,エホバが大いなる方であることを+ わたしたちの*が[他の]すべての神*に勝っておられることをよく知っているからである+   エホバは,天と地,海とすべての水の深み*において+ すべてその喜びとすることを行なわれた+   []は地の果て*から蒸気を上らせておられる+ 雨のために水門溝*をも造られた+ その倉から風*を出しておられる+   []はエジプトで初子を+ 人も*獣をも討ち倒された方である+   []はしるしと奇跡を,エジプトよ,あなたの中に+ ファラオとそのすべての僕の上に送り出された+ 10  []は多くの国の民を討ち倒し+ 権勢を振るう王たちを殺された方である+ 11  すなわちアモリ人の王シホン+ バシャンの王オグ+ そしてカナンのすべての王国を+ 12  また,彼らの土地を相続財産として+ その民イスラエルに対する相続財産[として]お与えになった方である+ 13  エホバよ,あなたのみ名は定めのない時にまで及びます+ エホバよ,あなたの記念は代々に及びます*+ 14  エホバはその民の言い分を弁護し+ その僕たちに関して悔やまれることはない+ 15  諸国民の偶像は銀や金であり+ 地の人*の手の業である+ 16  口はあっても,何も話すことができない+ 目はあっても,何も見ることができない+ 17  耳はあっても,何事にも耳を向けることができない+ また,その口に霊*はない+ 18  これを作る者たちは,まさしくこれと同じようになる+ すべてこれに依り頼んでいる者たちは+ 19  イスラエルの家よ,あなた方はエホバをほめたたえよ+ アロンの家よ,あなた方はエホバをほめたたえよ+ 20  レビの家よ,あなた方はエホバをほめたたえよ+ エホバを恐れる者たちよ,エホバをほめたたえよ+ 21  エルサレムに住んでおられる+ エホバが,シオンからほめたたえられるように+ あなた方はヤハを賛美せよ*+

脚注

104:35の脚注参照。
68:4の脚注参照。
「わたしたちの」。ヘ語,ワアドーネーヌー。アードーンの複数形で,卓越もしくは偉観を表わす。
「神」(複)。ヘ語およびタル(ア語),エローヒーム; ギ語,テウース; ラ語,ディイース。
「水の深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーモート。七十訳,ウル訳,「底知れぬ深み」。33:7,「水」の脚注参照。
エレ 25:31,33の脚注参照。
字義,「稲妻」。ヘ語,ベラーキーム。ベラーキームの代わりにベダーキームと読むことにより,「水門溝」; タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「稲妻」。JTS,第3巻,1952年,214‐216ページ参照。
「風」(単)。ヘ語,ルーアハ; ギ語,アネムース,ラ語,ウェントース,「風」(複)。創 1:2,「力」の脚注参照。
字義,「地の人から」。ヘ語,メーアーダーム
または,「すべての代に及びます」。
「地の人」。または,「人」。ヘ語,アーダーム。
または,「息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス。135編7節,「風」の脚注; 104:29の脚注と比較。
104:35の脚注参照。