詩編 131:1‐3

登って行くときの歌。ダビデによる。 131  エホバよ,わたしの心がごう慢になったことも+わたしの目が高ぶったこともありません+わたしは,余りに大いなることのうちを+また,わたしにとって余りにくすしいことのうちを歩んだこともありません+   まさに,母に抱かれた乳離れしたばかりの幼児のように+わたしは自分の魂をなだめ,静めました+わたしの魂は,わたしに抱かれた乳離れしたばかりの幼児のようです+   イスラエルは,今から定めのない時に至るまで+エホバを待ち望め+

脚注