詩編 130:1‐8

登って行くときの歌。 130  エホバよ,わたしは深みからあなたを呼び求めました+   エホバ*よ,わたしの声を聞いてください+あなたの耳がわたしの嘆願の声に注意深くあってくださいますように+   ヤハ*よ,あなたの見つめるものがとがであるなら+エホバ*よ,いったいだれが立ち得るでしょうか+   あなたのもとには[真の]許しがあるからです+それは,あなたが恐れられるためです+   わたしは望みを抱きました。エホバよ,わたしの魂は望みを抱きました+わたしはみ言葉を待ち望みました+   わたしの魂はエホバ*を[待ち望みました+]。見張りの者が朝を+朝[の来るの]を見張るのに勝って+   イスラエルはひたすらエホバを待ち望め+エホバのもとには愛ある親切*があるからだ+しかも,そのもとには請け戻しが豊かにある+   []ご自身がイスラエルをそのすべてのとがから請け戻してくださる+

脚注

書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「ヤハ」。ヘ語およびタル(ア語),ヤーハ; 七十訳,ウル訳,「エホバ」。68:4の脚注参照。
2節の脚注参照。
2節の脚注参照。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。