内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 129:1‐8

登っ​て​行く​とき​の​歌。 129  「彼ら​は​わたし​の​若い​時​から,実​に​長い​間​わたし​に​敵意​を​示し​て​き​た+」。さあ,イスラエル​は​言え+   「彼ら​は​わたし​の​若い​時​から,実​に​長い​間​わたし​に​敵意​を​示し​て​き​た+しかし,彼ら​は​わたし​に​打ち勝た​なかっ​た+   すき返す​者​は​わたし​の​背​の​上​を​すき返し+その​畝​*を​長く​し​た」と。   エホバ​は​義​に​かなっ​て​おら​れる+[]は​邪悪​な​者​たち​の​綱​を​断ち切っ​て​くださっ​た+   シオン​を​憎む​者​は​皆+恥​を​かき,自ら​引き返す+   彼ら​は​屋根​に[生える]青草​の​よう​に​なる+それ​は​引き抜か​れる​前​に​干からび​て​しまう+   刈り取る​者​が​それ​で​自分​の​手​を​満たし​た​こと​も,束​を​集める​者​が[それで]自分​の​懐​を[満たし​た​こと]も​ない+   また,そば​を​通り過ぎる​者​が​こう​言っ​た​こと​も​ない。「エホバ​の​祝福​が​あなた方​の​上​に​ある​よう​に+わたしたち​は​エホバ​の​名​に​よっ​て​あなた方​を​祝福​し​た+」。

脚注

または,「その​耕地」。