内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 127:1‐5

登っ行くとき歌。ソロモンよる。 127  エホバご自身建てるなけれ+建てるたちそのため骨折っ働い無駄ある+エホバご自身都市守るなけれ+見張り目覚め無駄ある+   あなた方早く起きる+遅く座る+苦痛食物*食べる+,それあなた方とっ無駄ことある。これ同じように,[]はご自分愛する眠りお与えなる*+   見よ,子エホバから相続あり+報いある+   若い+ある*あるよう+   自分矢筒それ満たし強健*幸いある+彼らかくことない+彼ら話すからある。

脚注

字義,「パン」。
または,「[神]はご自分愛する眠り[のうちに]お与えなる」。
「力ある者」。ヘ語,ギッボール。
強健」。ヘ語,ハッゲヴェル