詩編 125:1‐5

登って行くとき*の歌。 125  エホバに依り頼む者たちは+シオンの山のようだ+[それは]よろめかされることがありえず,定めのない時に至るまでとどまる+   エルサレム ― その周囲に山々があるが+エホバも今より定めのない時に至るまで+その民の周囲におられる+   邪悪の笏が,義なる者たちに割り当てられた分の上にとどまり続けることはないからだ+それは,義なる者たちが悪行に手を突き出すことのないためである+   エホバよ,善良な者たちに,そうです,心の廉直な者たち+に善を行なってください+   自分の曲がった道へそれて行く者たちについては+エホバは彼らを有害なことを習わしにする者たちと共に去らせる+イスラエルの上に平安があるであろう+

脚注

「登って行くとき」。または,「踏み段」。120:表題の脚注参照。