内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 123:1‐4

登って行くときの歌。 123  わたしはあなたに向かって目を上げました+ああ,天に住んでおられる+   ご覧ください,僕たちの目が主人*の手に向けられるように+はしための目が女主人に向けられるように+わたしたちの目もわたしたちのエホバに向けられます+[]がわたしたちに恵みを示してくださるときまで+   わたしたちに恵みを示してください。エホバよ,わたしたちに恵みを示してください+わたしたちは存分に侮べつに飽き足りたからです+   わたしたちの魂は,安楽に暮らしている者たちの嘲笑に+尊大な者たちの侮べつに存分に飽き足りました+

脚注

主人」。ヘ語,アドーネーヘム。アードーンの複数形で,卓越を表わす。創 39:2の脚注参照。