詩編 121:1‐8

登って行くときの歌。 121  わたしは山に向かって目を上げよう+わたしの助けはどこから来るのだろうか+   わたしの助けはエホバから+天と地の造り主+から[来る]。   []はあなたの足がよろめかされることを決して許されない+あなたを守っておられるは決してうとうとされることはない+   見よ,[]はうとうとすることも眠りに就くこともない+イスラエルを守っておられるその方は+   エホバはあなたを守っておられる+エホバはあなたの右手+を覆うあなたの陰+   昼間,太陽があなたを打つことも+夜,月が[あなたを打つこと]もない+   エホバがすべての災いからあなたを守ってくださる+あなたの魂を守ってくださる+   エホバご自身が,あなたの出て行くことも入って来ることも+今より定めのない時に至るまで守ってくださる+

脚注