内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 120:1-7

登って行くときの歌* 120  わたしは苦難の中からエホバに呼びかけた+ すると,[]はわたしに答えてくださった+   エホバよ,わたしの魂を偽りの唇から+ こうかつな舌から救い出してください+   こうかつな舌よ+ 人は何をお前に与えるであろうか。何をお前に増し加えるであろうか。   力ある者の鋭くされた矢+ それと共に,えにしだの木の燃える炭火だ+   わたしは災いだ! わたしはメシェク+に外国人としてとどまったからだ。 わたしはケダル+の天幕と共に幕屋を張って住んだ。   わたしの魂は余りにも長い間, 平和を憎む者たち*と共に+幕屋を張って住んだ+   わたしは平和を擁護する+。しかしわたしが話すとき, 彼らは戦いを支持するのだ+

脚注

または,「踏み段の歌」。これは詩編 120‐134編の「登って行くときの歌」15編の最初のもの。王二 20:9‐11と比較。
「憎む者たち」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および八つのヘブライ語写本; マソ本,「憎む者」。