内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 116:1‐19

116  わたし​は​愛し​ます。エホバ​は​わたし​の​声​を,わたし​の​嘆願​+を​*聞い​て​くださる​から​です*+   わたし​に​耳​を​傾け​て​くださっ​た​から​です+わたし​は​日​ごと​に​呼び​ます+   死​の​綱​が​わたし​を​取り巻き+シェオル​の​苦しい​状況​が​わたし​を​見いだし​まし​た+わたし​は​苦難​と​悲嘆​を​見いだし​続け​まし​た+   しかし,わたし​は​エホバ​の​み名​を​呼び求める​よう​に​なり​まし​た+「ああ,エホバ​よ,わたし​の​魂​を​逃れ​させ​て​ください+」。   エホバ​は​慈しみ​に​富み,義​に​かなっ​て​おら​れ​ます+わたしたち​の​神​は​憐れみ​を​示し​て​くださる​+   エホバ​は​経験​の​ない​者​たち​を​守っ​て​おら​れ​ます+わたし​は​弱り果て​まし​た。すると,[]は​わたし​を​救っ​て​ください​まし​た+   わたし​の​魂​よ,お前​の​休み場​に​帰れ+エホバ​が​お前​に​対し​て​ふさわしく​行動​し​て​くださっ​た​から​だ+   あなた​は​わたし​の​魂​を​死​から+わたし​の​目​を​涙​から,わたし​の​足​を​つまずき​から​助け出し​て​くださっ​た​から​です+   わたし​は​生ける​者​の​地​で+,エホバ​の​み前​を​歩み​ます+ 10 * わたし​は​信仰​を​持っ​て​い​まし​た+。というのは,わたし​は​話し​はじめ​た​から​です+わたし​自身​大いに​苦しみ​まし​た。 11  わたし​は​恐慌​を​来たし​た​とき,自ら​こう​言い​まし​た+「人​は​皆​*うそつき​だ+」。 12  わたし​に[施し​て​くださる]その​すべて​の​恩恵​に​対し​て+わたし​は​何​を​エホバ​に​お返し​し​たら​よい​の​でしょ​う+ 13  わたし​は​大いなる​救い​の​杯​を​取り上げ+エホバ​の​み名​を​呼び求め​ます+ 14  わたし​は​わたし​の​誓約​を​エホバ​に​果たし​ます+そう​です,その​民​すべて​の​前​で。 15  エホバ​の​目​に​貴重​な​もの,それ​は​ご自分​の​忠節​な​者​たち​の​死​です+ 16  ああ,どうか,エホバ​よ+わたし​は​あなた​の​僕​な​の​です+わたし​は​あなた​の​僕,あなた​の​奴隷​女​の​子​な​の​です+あなた​は​わたし​の​縛り縄​を​解い​て​ください​まし​た+ 17  わたし​は​あなた​に​感謝​の​犠牲​を​ささげ+エホバ​の​み名​を​呼び求め​ます+ 18  わたし​は​わたし​の​誓約​を​エホバ​に​果たし​ます+そう​です,その​民​すべて​の​前​で+ 19  エホバ​の​家​の​中庭​で+エルサレム​よ,あなた​の​真ん中​で+あなた方​は​ヤハ​を​賛美​せよ*+

脚注

「わたし​の​声​を,わたし​の​嘆願​を」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたし​の​祈願(祈り)の​声​を」。
または,「わたし​は,エホバ​が……を​聞い​て​くださる​の​を​愛し​まし​た」。
七十訳​と​ウル訳​は​ここ​から​詩編 115​編​が​始まっ​て​おり,「ハレルヤ」と​いう​表題​が​付さ​れ​て​いる。
または,「人間​は​すべて」。ヘ語,コル​・​ハーアーダーム
104:35の​脚注​参照。