内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 114:1‐8

114 * イスラエルエジプトから,ヤコブが,理解できない話し方する+から行っとき+   ユダそのなる場所なり+イスラエルその大いなる領土と[なっ+]。   海さえて,逃げ去っ+一方,ヨルダン引き返しはじめ+   山々雄羊よう+子羊*よう跳ね回った。   海よ,どうか,お前逃げ去る+ヨルダンよ,お前引き返しはじめる+   山よ,お前たち雄羊よう+よ,[お前たちが]子羊よう跳ね回る+   地よ,*ゆえに,ヤコブ*ゆえに,激しい痛み覚えよ+   []は茂る+火打ちよう固い変えおられる+

脚注

これ6から成るハレル詩編一部で,詩編 113114は(ヒレル学派よれば),適切も,過ぎ越し食事間,第ぶどう注がれ,祝い意味説明歌わた。ハレル詩編残り部分成す詩編 115‐118は,第ぶどう歌わた。イエスその弟子たちそう違いない。マタ 26:30参照。
字義,「羊ら; 群れら」。
「主」。ヘ語,アードーン。
「の神」。ヘ語,エローアハ。