詩編 110:1‐7

ダビデによる。調べ。 110  わたしのに対する*エホバのお告げはこうです+「わたしがあなたの敵をあなたの足台として置くまでは+わたしの右に座していよ+」。   あなたの力の杖+を,エホバはシオンから送り出して+,[こう言われます。]「あなたの敵のただ中で従えてゆけ+」。   あなたの軍勢の日に+,あなたの民+は進んで自らをささげます*+神聖さの光輝のうちに+,夜明け*の胎から,あなたは露玉のような若者の隊を得ておられます*+   エホバは誓いをお立てになりました+。(そして悔やまれません+。)「あなたは定めのない時に至るまで+メルキゼデクのさまにしたがう祭司である+!」   エホバ*自らあなたの右にあって+その怒りの日に必ず王たちを打ち砕かれます+   []は諸国民の中で裁きを執行し+死体を満ちあふれさせます+人口の多い地を治める頭たる者を必ず打ち砕かれるのです+   道の途中にある激流の谷から彼は飲みます+それゆえに,彼は[その]頭*を高く上げられるのです+

脚注

「わたしの主人)に対する」。ヘ語,ラドーニー(lAʼ·dho·ni')。
「進んで(惜しみなく)自らをささげます」。字義,「自発的な捧げ物[となるであろう]」,すなわち,すぐに応じる志願者となる。出 35:29; 出 36:3; 民 15:3の脚注と比較。
「夜明け」。ヘ語,ミシュハール; ギ語,ヘオースフォルー; ラ語,ルーキフェルム。イザ 14:12と比較。
字義,「あなたはご自分の青年の露を持っておられます」; または,「あなたはご自分の青年をまさに露のように持っておられます」。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「その(彼の)頭」,シリ訳および二つのヘブライ語写本; マソ本,七十訳,ウル訳,「頭」。