詩編 11:1‐7

指揮者へ。ダビデによる。 11 * わたしはエホバのもとに避難した+あなた方はわたしの魂によくも言えるものだ,「あなた方の山へ鳥のように逃げて行け+」と。   見よ,邪悪な者たちが弓を引き+弦に矢をつがえ,心の廉直な者たちを暗闇で射ようとする+   基そのものが打ち壊されるとき+義なる者は何をすればよいのだろうか。   エホバはその聖なる神殿におられる+エホバは ― その王座は天にある+その目が見,その輝く目*が人*の子らを調べる+   エホバは義なる者をも邪悪な者をも自ら調べ+その魂は暴虐を愛する者を必ず憎む+   []は邪悪な者たちの上に,わな,火と硫黄,燃える風を,その杯の分として+降らせる+   エホバは義にかなっておられ+,義なる行為を愛されるからだ+廉直な者たちがそのみ顔を見る者となる+

脚注

七十訳とウル訳はこの編の前の二つの詩編を一緒にして,ここを詩編 10編としているため,これ以降の詩編の番号は変わってくる。
または,「そのまぶた」。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。