内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 107:1‐43

(詩編 107‐150) 107  あなた方エホバ感謝せよ。[]は善良からある+そのある親切*定めないまで及ぶからある+   エホバり戻さたちそのよう言うよう+[]が敵対から取り戻さたち+   []がもろもろから+昇るから,日沈むから+から,南*から集められたち+   彼荒野+,砂漠さまよい+居住都市至る見いださなかっ+   彼飢え,また,渇い+彼らある衰えいっ+   そして,彼苦難からエホバ向かっ叫びつづけ+[]は彼ら対する圧迫から彼ら救い出し+   正しい歩ま+居住都市来るようされ+   ああ,そのある親切対して,*そのくすしいみ業+対して,人々エホバ感謝するよう+   []は乾き切っ満ち足ら+飢え良いもの満たしくださっから+ 10  闇深い住む+苦悩かせ捕らわれいるたち+ 11  彼ことば*背く+振る舞い+助言軽べつからある+ 12  それゆえ,[]は難儀もっ彼ら従えるようなり+彼らつまずき,[これを]助けるだれなかっ+ 13  それで,彼苦難からエホバ助け呼び求めるようなり+[]はいつもように,彼ら対する圧迫から彼ら救っくださっ+ 14  []は深いから彼ら連れ出し+その縛り縄引きちぎっゆか+ 15  ああ,そのある親切対し+そのくすしいみ業対し+,人々エホバ感謝するように。 16  []は砕き+かんぬき切り落とさから+ 17  愚たちその違犯ため+そのとがために,ついに自分苦悩生じさせ+ 18  彼あらゆる食物忌むようなり+彼ら行き着くところあっ+ 19  それで,彼苦難からエホバ助け呼び求めるようなり+[]はいつもように,彼ら対する圧迫から彼ら救っくださっ+ 20  次で,み言葉送っ彼らいやし+そのから*[彼らを]逃れさせくださっ+ 21  ああ,そのある親切対し+*そのくすしいみ業対し+,人々エホバ感謝するように。 22  また,感犠牲ささげ*+歓呼上げそのみ業告げ知らせるよう+ 23  船下っ行き+広大*商売するたち+ 24  彼エホバみ業+深みおけるそのくすしいみ業+ある。 25  []が[言葉を]述べ,大暴風*起こし+そしてそれもたげる+ 26  彼上り,*下る。災いため彼ら溶けゆくある+ 27  彼酔っようふらつき,よろめき行き+その知恵みな混乱ものなる+ 28  そして,彼苦難からエホバ向かっ叫ぶようなり+[]は彼ら対する圧迫から彼ら連れ出される+ 29  []はあらしなぎならせ+*静まる+ 30  そして,彼それ静まる歓び,[]は彼らその喜び導かれる+ 31  ああ,そのある親切対し+*そのくすしいみ業対して,人々エホバ感謝するよう+ 32  また,民会衆*[]をほめたたえ+年配で[]を賛美するよう+ 33  []は荒野+流れ出る渇い土地+ 34  実豊か塩地変えられる+そこ住むたちためある。 35  []は荒野茂る+ない地域流れ出る変えられる+ 36  そして,飢たちそこ住まわ+彼ら居住都市堅く立てるようされる+ 37  彼まき,ぶどう設ける+それ実り豊か作物産するためある+ 38  また,[]が祝福れるで,彼ら非常多くなる+[]は彼ら家畜少なくなるようされない+ 39  拘束,災い,悲嘆ため+彼ら再び少なくなり,うずくまる+ 40  []は高貴たち侮べつ注いおら+彼らない索漠さまよわせる+ 41  しかし,[]は貧しい苦悩から保護*+群れように[幾もの]家族変えられる+ 42  廉たち歓ぶ+しかしあらゆる不義は,その閉ざさなけれならない+ 43  賢だれか。そのこれらこと守り行ない+エホバある親切行為自分注意深いこと示すあろ+

脚注

または,「その忠節愛」。
字義,「海」。すなわち,南ある紅海。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
ことば」。ヘ語,イムレーエール
「彼らいやし,彼らためから」と読むしれない。
8脚注参照。
「犠牲ささげ」。字義,「犠牲犠牲ささげ」。
または,「多くの」。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注比較。
「底」。ヘ語,テホーモート; 七十訳,ウル訳,「底知れ深み」。
「海波」,シリ訳; マソ本,タル,「彼ら波」; 七十訳,ウル訳,「その波」。
8脚注参照。
「の会衆で」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ; ラ語,エックレーシアー
または,「から高い置き」。すなわち,手届かないに。