内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 106:1-48

106  あなた方はヤハを賛美せよ*+ エホバに感謝せよ。[]は善良な方だからである+ その愛ある親切*は定めのない時にまで及ぶからである+   だれがエホバの力ある業を述べることができるだろうか+ [また,]そのすべての賛美を聞かせることができるだろうか+   公正を守り行ない+ 常に義を行なう*人は幸いだ+   エホバよ,あなたの民に対する善意をもってわたしを覚え+ あなたの救いをもってわたしを顧みてください+   それは,わたしがあなたの選ばれた者たちに対する良いことを見+ あなたの国民の歓びをもって歓び+ あなたの相続物と共に誇ることができるためです+   わたしたちは自分の父祖たちと同様に罪をおかしました+ わたしたちは悪いことを行ない,邪悪な行動をしました+   エジプトにいたわたしたちの父祖たちは, あなたのくすしいみ業に対して少しも洞察力を示しませんでした+ 彼らはあなたの豊かな,大いなる愛ある親切を思い出さず+ 海で,紅海のそばで反逆の振る舞いをしました+   次いで,[]はそのみ名ゆえに彼らを救いだされました+ それによってご自分の力強さを知らせるためでした+   それで,[]が紅海を叱責されると,それは徐々に干上がり+ []は彼らに水の深みを,荒野を通るときのように歩いて通らせ*ました+ 10  こうして,[]は彼らをその憎む者の手から救い+ 敵の手から彼らを取り戻されました+ 11  そして,水が彼らの敵対者たちを覆うようになり+ そのうちの一人も残されませんでした+ 12  そのとき,彼らはみ言葉に信仰を持ち+ その賛美を歌いはじめました+ 13  すぐに彼らはそのみ業を忘れました+ 彼らはその助言を待ちませんでした+ 14  かえって,荒野で利己的な欲望を表わし+ 砂漠で*を試すようになりました+ 15  次いで,[]は彼らの願いをかなえ+ それから彼らの魂に身のやせ衰える病*を送り込まれました+ 16  すると,彼らは宿営の中でモーセを, エホバの聖なる者+アロンをもそねむようになりました+ 17  そのとき,地が開けてダタンを呑み尽くし+ アビラムの集まりを覆い隠しました+ 18  そして,火が彼らの集まりの中で燃えはじめ+ 炎が邪悪な者たちをむさぼり食いました+ 19  その上,彼らはホレブで子牛を造り+ 鋳像に身をかがめました+ 20  こうして,彼らはわたしの栄光*+ 草木を食べるものである雄牛をかたどったものと取り替えました+ 21  彼らは自分たちの救い主である*を忘れたのです+ エジプトで大いなることを+ 22  ハムの地でくすしいみ業を+ 紅海で畏怖の念を抱かせることを行なわれた+ 23  そして,もしご自分の選ばれた者,モーセがいなかったなら+ []は今にも,彼らを滅ぼし尽くすように,と言われるところでした+ [モーセ]は,[彼らが]滅ぼされないよう,その激しい怒りを引き戻すため+ その前の割れ目に立ちました。 24  また,彼らはその望ましい地を侮べつするようになり+ そのみ言葉に信仰を持ちませんでした+ 25  彼らは天幕の中でしきりに愚痴をこぼし+ エホバの声に聴き従いませんでした+ 26  それで,[]は彼らに関して[誓いの]手を上げました+ 荒野で彼らを倒し+ 27  その子孫を諸国民の中に倒し+ 彼らをもろもろの地に散らす+,と。 28  そして,彼らはペオルのバアルを愛慕し+ 死者の犠牲を食べるようになりました+ 29  彼らがその行動によって怒りを引き起こしていたとき+ 彼らの間に今度は神罰が激しく下りました+ 30  ピネハスが立ち上がって取り成しをすると+ そのとき神罰はとどめられました。 31  そして,それは彼にとって, 代々定めのない時に至るまで義とみなされることになりました+ 32  さらに,彼らはメリバの水のところで怒りを招き+ それゆえ,モーセは彼らのために災いに遭いました+ 33  彼らがその霊*を憤激させ, 彼がその唇で性急に話しはじめたからです+ 34  彼らは,エホバが自分たちに[そう]言われたのに+ もろもろの民を滅ぼし尽くすことをしませんでした+ 35  そして,諸国民と混じり合い+ 彼らの業を学ぶようになりました+ 36  また,その偶像に仕えつづけ*+ それらは彼らにとってわなとなりました+ 37  また,自分の息子や娘を+ 悪霊に*犠牲としてささげてゆきました+ 38  こうして,罪のない血を, 彼らの息子や娘の血を流しつづけました+ それらの者を彼らはカナンの偶像に犠牲としてささげたのです+ その地は流血*で汚されることになりました+ 39  彼らは自分たちの業によって汚れ+ その行動によって不倫な交わりを持ちつづけました+ 40  それで,エホバの怒りがその民に対して燃え上がり+ []はご自分の相続物を忌むようになりました+ 41  そして,彼らを繰り返し諸国民の手に渡されました+ 彼らを憎む者たちが彼らを支配し+ 42  敵が彼らを虐げ, 彼らがその者たちの手の下に従えられるためでした+ 43  []は幾度も彼らを救い出されましたが+ 彼らのほうは不従順な道を[歩んで]反逆の振る舞いをし+ そのとがのために低くされました+ 44  そして,[]*は彼らの嘆願の叫びを聞くとき+ その苦難をご覧になるのでした+ 45  そして,彼らに関してご自分の契約を思い出し+ その豊かで,大いなる愛ある親切にしたがって悔やまれるのでした+ 46  そして,彼らをとりこにする者たちすべての前で, 彼らが哀れみを受けるようにしてくださいました+ 47  わたしたちのエホバよ,わたしたちを救ってください+ 諸国民の中からわたしたちを集めてください+ [わたしたちが]あなたの聖なるみ名に感謝し+ あなたの賛美を歓喜して語るためです+ 48  定めのない時から定めのない時に至るまでも, イスラエルのエホバがほめたたえられますように+ すべての民は,アーメンと言わなければならない*+ あなた方はヤハを賛美せよ*+

脚注

104:35脚注参照。
または,「その忠節愛」。
「行なう」,複数形,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,単数形。
「水深みを……通らせ」。または,「逆巻くを……通らせ」。ヘ語,バッテホーモート。テホーム複数形; 七十訳,ウル訳,「底知れ深み」。創 1:2,「深み」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エール。
「身やせ衰える病」。または,「衰弱」。ヘ語,ラーゾーン; タル,「やせ細り」; 七十訳,ウル訳,「飽食; 食傷」。
「わたし栄光」。マソ本,「彼ら栄光」。ソフェリムよる18修正箇所一つ。「わたし栄光」という表現とっ軽べつ聞こえる考えられため,ソフェリムここ読み方変えた。七十訳諸写,ウル訳,「彼栄光」。付録2ロ参照。
「自分たち救い主ある」。ヘ語,エール モーシーアーム。
「その」。ヘ語,ルーホー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム
または,「また……を崇拝(に神聖奉仕ささげつづけ」。ヘ語,ワイヤアヴドゥー。
悪霊邪悪霊者たち)に」,マソ本(ヘ語,ラッシェーディーム),七十訳,ウル訳。
字義,「血」(複)。
「[神](彼)」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳アレ写および一つヘブライ写本,「エホバ」。
字義,「言った」。
41:13および104:35脚注参照。