内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 102:1‐28

苦しむ弱くなって,エホバみ前その気遣い注ぎ出すとき祈り+ 102  エホバよ,どうかわたし聞いください+助け求めるわたし叫びあなた届きますよう+   わたし陥っいるに,わたしからみ顔覆い隠さないください+あなたわたし傾けください+わたし呼ぶに,急いください。わたし答えください+   わたしまさによう終わり迎え+わたしよう真っ赤熱せられからです+   わたし草木よう打たて,干からびます+わたし自分食べ物*食べること忘れしまっからです+   わたしめ息ため+わたしくっついしまいまし+   わたしペリカンます+わたし荒廃場所いる小さいふくろうようなりました。   わたしやせ衰*屋根独りぼっちようなっます+   わたしするたち一日じゅうわたしそしりまし+わたしばかするたちは,実わたしよっ誓い立てまし+   わたしパンよう食べからです+わたし自分飲むもの泣き声混ぜ合わせまし+ 10  それあなた義憤ためです+あなたわたし持ち上げて,投げ捨てようされからです+ 11  わたし傾いようあり*+わたし自身ただ草木よう干からびます+ 12  しかしあなたは,エホバよ,定ない至るまで住み+あなた記念代々及びます+ 13  あなた立ち上がり,シオン憐れみ抱かます+その恵みなる時期からです。定め到来からです+ 14  あなたたちは[シオン]の楽しみ見いだしからです+彼らその恵み向けるです+ 15  諸国民エホバ*み名恐れ+すべてあなた栄光を[恐れ]ます+ 16  エホバ*シオン築き上げ+ご自分栄光うち現われるはずからです+ 17  []は,[すべてものを]奪わたち祈り必ず顧みくださり+彼ら祈りさげすまませ+ 18  これ世代ため書き記さます+これから創造れるヤハ*賛美するです+ 19  []がそのなる高みから見下ろし+エホバ*ご自身からご覧なっからです+ 20  捕らわれ溜め息聞くため+定められたち*解き放つため+ 21  エホバ*み名シオンで,その賛美エルサレム+告げ知らされるため*です+ 22  もろもろこぞって集められ+もろもろ王国が[集められ],エホバ仕えようする*とき+ 23  []は途中わたし苦しめ+わたし日数短くされまし+ 24  わたしはじめました,「わたし*わたし半ばわたし取り去らないください+あなたすべて及びます*+ 25  あなた,この据えられまし+あなたみ手です+ 26  それらものびうせますが,あなたご自身立ち*つづけます+それようみな古びしまいます+あなた衣服ようそれ取り替えられます。そしてそれ終えるです+ 27  しかしあなたあり*,あなた全うされることありませ+ 28  あなたたち住みつづけ+彼ら子孫あなたみ前堅く立てられるです+」。

脚注

字義,「パン」。
あるいは,「わたしずっ目覚めおり」と読むしれない。別ヘブライ動詞派生取ることよる。
「わたしさながらよう傾きました」,七十訳,シリ訳,ウル訳,およびマソ本わずか訂正することより。
付録1ハ§8参照。
付録1ハ§8参照。
68:4脚注参照。
付録1ハ§8参照。
字義,「死ら」。
付録1ハ§8参照。
字義,「エホバみ名を……告げ知らせるため」。
または,「を崇拝ようする(に神聖奉仕ささげようする)」。ヘ語,ラアヴォード
「わたしよ」。ヘ語,エーリー。
「すべて及びます」。字義,「世代(複)の世代で; 世代(複)の世代通して」。
または,「存在し」。出 9:16,「させおいた」の脚注比較。
字義,「あなたそのあり」。