内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 10:1‐18

ל [ラーメド]* 10  エホバよ,なぜ遠く離れ立っおられるです+[なぜ]苦難ご自分隠しおられる*です+   邪悪そのごう慢ゆえに,苦しんいるあと激しく追います+彼ら自分考えだし企てよっ捕らえられます+   邪悪その利己願望つい自ら称賛+不当利得得る+自ら祝福からです。נ [ヌーン]エホバ対し不敬態度取りまし+   邪悪不遜*調べること+*ない」というが,その考えすべてです+   彼いつも栄えます*+あなた司法定め届かない高いあり+自分敵意示すすべて対しは,彼これに[息を]吹きかけます+   彼言いました,「わたしよろめかされることない+[わたしは]代々災い遭うことない者[となる]」と+ פ [ペー]   彼誓い欺まん虐げ満ちます+その難儀有害ことあります+   彼集落*待ち伏せ座り,隠れ場からない殺します+ע [アイン]その不幸*見つけよう見張っます+   彼隠れがいるライオンように,隠れ場待ち伏せます+苦しんいる力ずく連れ去ろ待ち伏せ+するです。その引き寄せ閉じるとき,彼苦しんいる力ずく連れ去ります+ 10  その打ちひしがれ,身かがめ,気落ちたち軍勢*は,彼強い[かぎづめ]に掛かっしまいます+ 11  彼言いまし+,「忘れ+隠し+決して[これを]見ることない」と+ ק [コーフ] 12  エホバよ,立ち上がっください+*よ,み手上げください+苦しんいるたち忘れないください+ 13  どうして邪悪*不敬態度取っです+言いました,「あなた言い開き求めない」と+ ר [レーシュ] 14  あなた難儀煩いご覧なっからです。あなたずっおらます。[彼らを]み手捕らえるため+不幸+者,父なし子は,あなたに[身を]ゆだねます。あなた自ら[その]助け手なっくださいまし+ ש [シーン] 15  邪悪悪い折っください+邪悪を[ついには]見いだしなくなるまで探り出しください+ 16  エホバ定めない至るまで,まさに永久です+諸国そのから滅びうせまし+ ת [ターウ] 17  エホバよ,あなた柔和たち願い確か聞いくださいます+あなた彼ら定めくださいます+あなた傾け注意払っくださいます+ 18  それは,父なし子や,打ちひしがため裁き行なうため+ある死すべき人間もはやおののき生じさせることないためです*+

脚注

七十訳ウル訳この詩編その詩編一緒なっおり,39から成る一つなっいる。マソ本は,アルファベットこの折り句<アクロスティック>は詩編 9から10続いおり,10ほうヘブライアルファベット12字母ラーメド始まる。
「ご自分隠しおられる」,タル一致て。
「不遜も」。字義,「その高さしたがって」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「栄えます」,訂正よる; マソ本,「存続ます」。
「集落」,マソ本; 母音符号打ち方わずか変えることより,「青草」。
「不幸者」。マソ本この意味明確ない。この箇所を「あなた軍勢」と読むいるが,文脈合わない。
「気落ちたち軍勢」。マソ本この意味明確ない。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローヒーム。エローアハ複数形。
または,「死すべき人間もはやからおののきつつ動き続けることないために」。