内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 8:1‐35

8  そのエフライム人々こう言った。「あなたこと,ミディアン戦お出かけるわたしたち呼ばなかっこと,これ一体どういう+」。そして彼ら激しい勢いけんかしかけよう+  それついに言った,「あなた方比べわたしいまいうでしょ+。エフライム+の[収穫の]残り集めものは,アビエゼル+ぶどう取り入れ勝っいるではありませか。  *あなた方ミディアンオレブゼエブお与えなりまし+,そのあなた方比べわたしいったいなしでしょか」。この言葉述べると,そのとき対するみんな静まっ+  やがてギデオンヨルダンて,それ渡った。彼および三百あり,疲れ追跡続けた。  後スコト+人々こう言った。「わたし従っいるに,どうか丸パン与えください+。彼ら疲れますが,わたしミディアンゼバハ+ツァルムナ+追撃いるです」。  ところスコトたちこう言った。「ゼバハツァルムナたなごころ既に手中あるでもいうで,あなた軍隊パン与えなけれならない+」。  これ対しギデオン言った,「このために,エホバゼバハツァルムナわたし与えくださるは,わたし必ず荒野いばらおどろ*もっあなた方打ちたたくことなるでしょ+」。  続いそこからペヌエル+上っ行き,さき同じよう話しかけが,ペヌエル人々スコト人々答え同じ答え方た。  そのためペヌエル人々こう言った。「無事戻っ来る時,わたしこの打ち崩すでしょ+」。 10  さて,ゼバハツァルムナ+カルコルおり,その陣営あった。およそ一万五千で,たち+陣営から残っすべてあった。既に倒れ十二万あり,剣抜くたちあっ+ 11  そしてギデオン天幕住むたちなおも上っノバハヨグベハ+東方進み,陣営油断いるすきその陣営対し討ちかかっ+ 12  ゼバハツァルムナ逃走ゆくと,彼直ちにこれ追跡て,そのミディアン王,ゼバハツァルムナ+とりこた。こうその陣営おののかた。 13  そのヨアシュギデオンは,ヘレス上る通っ*戦いから帰途就いた。 14  その途中,彼スコト人々+からひとり若者とりこし,そのいろいろ尋ね+。それそのために,スコト+年長たち,七十七書き出した。 15  そこでスコト人々ところ行っこう言った。「あなた方わたし嘲弄て,『ゼバハツァルムナたなごころ既に手中あるでもいうで,あなた疲れきったちパン与えなけれならないか』と言っ+が,そのゼバハツァルムナここいる」。 16  それからその都市年長たち連れ行き,また荒野いばらおどろを[取り],それもっスコト人々思い知ら+ 17  またペヌエル+打ち崩し+,その都市人々殺した。 18  次いゼバハツァルムナ+言った,「あなた方タボル+殺しどんな人々だっか」。これ対し彼ら言った,「あなた同じようたちで,姿それぞれようだった」。 19  それ聞い言った,「それわたし兄弟たち,わたしだ。エホバ生きおられるが,あなた方そのたち生かしおいなら,わたしあなた方殺さなくよかっあろ+」。 20  それから自分長子エテル言った,「立って,これら殺しなさい」。だが,若者抜かなかった。怖かっある。まだ若者だっからある+ 21  するとゼバハツァルムナ言った,「あなた自身立って,我々襲いかかるよい。人それなり力強さ伴っいるはず+」。そこでギデオン立っゼバハツァルムナ殺し+,そのらくだあっ月形飾り取った。 22  後イスラエル人々ギデオンこう言った。「わたしたち治めください+。あなたあなた子,またたちが。あなたわたしたちミディアンから救い出しからです+」。 23  しかしギデオン言った,「わたしあなた方治めたりません。わたしあなた方治めたりないでしょ+。エホバあなた方治められるです+」。 24  それからギデオンこう言った。「ひとつだけお願いさせください。あなた方皆,自分戦利から鼻輪+わたし与えほしいです」。(彼らイシュマエル+だっで,金鼻輪着けある。) 25  すると彼ら言った,「もちろん差し上げます」。そう彼らマント広げ,それぞれ自分戦利から鼻輪そこ投げ入れいった。 26  そして,彼もらい受け鼻輪目方千七百シェケル*なった。そのほかに,ミディアンたち着け月形飾り+,耳垂れ飾り,赤紫染め羊毛+,さらにらくだ付い首飾り+あった。 27  次いギデオンそれもっエフォド+造り,それ自分都市オフラ+展示た。しかし,全イスラエルそのそれ不倫交わり持つようなっ*ため+,それギデオンそのたちとっわななっ+ 28  こうミディアン+イスラエル従えられた。彼らもはやそのもたげなかった。そのは,ギデオン日,その四十あいだ騒乱なかっ+ 29  そして,ヨアシュエルバアル+行って,そのずっ自分住んた。 30  またギデオン自分上股から七十息子持つようなっ+。多く持つようなっためある。 31  シェケムそばめまた産んだ。それこれアビメレク+名づけた。 32  やがてヨアシュギデオン良い達しに,アビエゼルオフラ+あった,父ヨアシュ埋葬葬らた。 33  そしてギデオン死ぬすぐ,イスラエル再びもろもろバアル*不倫交わり持つようなり+,バアルベリト自分たち*+ 34  そしてイスラエルは,周囲すべてから救い出しくださっ+自分たちエホバ思い出さなかっ+ 35  そして,エルバアルつまりギデオンイスラエルため行なっすべて善いこと対する報い+そのたちある親切*示すことなかっ+

脚注

「神」,マソ本,シリ訳; タル,七十訳,ウル訳,「エホバ」。
「おどろ」。すなわち,何小突くもの; 脱穀そりことしれない。
または,「ヘレス上り坂通って」。
「シェケル」,七十訳アレ写,ウル訳; マソ本,七十訳バチ写,シリ訳省いいる。付録8イ参照。
または,「それ淫行(不道徳)を犯すようなった」。
字義,「イスラエル翻っもろもろバアルと」。
と」。ヘ語,レーローヒーム(leʼ·lo·him'); ギ語,テオン; ラ語,デウム; 七十訳ウル訳エローヒーム卓越表わす複数理解て,それ単数訳した。
または,「忠節愛」。