内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 5:1‐31

5  またその日,デボラ+はアビノアムの子+バラク+と一緒に歌いだして+こう言った。   「[戦いのために]イスラエルにおいて髪を垂らしたことのゆえ, 民が自ら応じたことのゆえに+ エホバをほめたたえよ+   王たちよ,聴け+。高官たちよ,耳を向けよ。 エホバに向かってこのわたしは歌う。 イスラエルのエホバ+に向かって調べを奏でる+   エホバよ,あなたがセイルから進み出+ エドムの野から行進された時+ 地は激動し+,天も[水を]滴らせ+ 雲もまた水を滴らせた。   山々はエホバのみ顔から流れ去り*+ このシナイ+もイスラエルの+エホバのみ顔から[流れ]去った+   アナトの子シャムガル+の日に, ヤエル+の日に,通り道から行き来は絶え* 街道の旅人たちは遠回りの通り道を旅するのであった+   広野に住む者は絶え,イスラエルにおいてそれは絶えた+ ついにわたし,デボラ+は立ち上がった。 ついにわたしはイスラエルで母として立ち上がった+   彼らは新しい神々を選ぶようになった+ その時に門の中には戦いが*あった*+ 盾も,小槍も見えなかった。 イスラエルの四万の中に+   わたしの心はイスラエルの司令者たちと共にある+ それは民の中にあって自ら応じた者たちであった+ エホバをほめたたえよ+ 10  黄赤の雌ろばに乗る者たち+ 豊かなじゅうたんの上に座す者たち* そして,道を歩く者たちよ, 思い見よ+ 11  水くみ場で水を配る者たちの幾らかの声+ その所で彼らはエホバの義の働きを語りはじめ+ イスラエルの広野に住むその民の義の働きを[語り告げる]。 その時にエホバの民は城門に下って行った。 12  覚めよ,覚めよ,おおデボラ+ 覚めよ,覚めよ,歌声を上げよ+ 立てよ,バラク+。あなたのとりこたち*を連れて行け,アビノアムの子よ+ 13  その時に,生き残った者たちは威光ある者たちのところに下った。 エホバの民はわたしのもとに下って,力ある者たちを攻めた。 14  彼らの出身はエフライム,その低地平原*から+ ベニヤミンよ,あなたと共に*,あなたのもろもろの民の中に。 マキル+から司令者たちが下り, ゼブルンから書記の装備を扱う者たち+が[下って行った]。 15  またイッサカル+の君たちはデボラと共におり, イッサカルと同じようにバラク+も[共に]いた。 低地平原へと彼は徒歩で送られた+ ルベンのもろもろの分かれの間で心の審問*は大きかった+ 16  なぜあなたは二つの鞍袋の間に座り, 群れのための笛の音を聴いていたのか+ ルベンのもろもろの分かれには心の大きな審問があった+ 17  ギレアデはヨルダンの向こうで自分の住まいにとどまっていた+ そしてダンは,なぜ彼はそのとき船の中にずっととどまっていたのか+ アシェルは海辺にいたずらに座り, その波止場のそばにとどまっていた+ 18  ゼブルンは死に至るまでも自分の魂を軽んじた民+ ナフタリ+もまた,野の高みにおいてそうであった+ 19  王たちは来て戦った。 その時にカナンの王たちは戦った+ メギド+の水のそばのタアナク+で。 彼らは利得となる銀を少しも得なかった+ 20  天から星が戦い+ その軌道からシセラに対して戦った。 21  キションの奔流が彼らを洗い去った+ 昔日の奔流*,キションの奔流が+ あなたは強いものを踏み進んで行った+,ああ我が魂よ。 22  その時に馬のひづめは[地を]かいた+ その雄馬たちの突進に次ぐ突進のゆえに。 23  『メロズをのろえ+』とエホバの使い+は言った, 『そこに住む者たちを絶え間なくのろえ。 エホバの助力に来なかったからだ。 力ある者たちと共になってエホバの助力に』。 24  ケニ人+ヘベルの妻ヤエル+は女のうち最も祝福された者となる。 天幕の中の女のうち最も祝福された者となる+ 25  彼は水を求め,彼女は乳を与えた。 威光ある者たちの大きな宴用の鉢で彼女は凝乳を差し出した+ 26  次いでその手を天幕の留め杭に突き出した。 またその右手を骨折り働く者たちの手づちに+ こうして彼女はシセラをつちで打ち,その頭を刺し通した+ そのこめかみを割って切り開いた。 27  彼女の足の間に彼は崩れ,倒れ,横たわった。 彼女の足の間に彼は崩れ,倒れた。 その崩れたところ,そこに彼は倒れて打ち負かされた+ 28  窓からひとりの女が外を見,しきりに彼を待ちわびた* シセラの母が格子越しに+ 『どうして彼の戦車は到着が遅れているのか+ どうして彼の戦車のひづめの響きはこれほど遅いのか+』。 29  高貴な婦人*のうちの知恵ある者たち+が彼女に答える。 そして彼女も自分のことばで自ら言い返す, 30  『彼らは見つけるはずではないか。彼らは分捕り物を分配するはずではないか+ すべての強健な男子に一胎,二胎*+ 染め物の分捕り物をシセラのために。染め物の分捕り物を, 刺しゅうした衣,色染めのもの,刺しゅうした衣二枚を 分捕り物[を取った者たち]の首に*』。 31  エホバよ,あなたの敵は皆こうして滅びるように+ あなたを*愛する者たち+は,太陽が力強く進み出る時のようになるように+」。 そしてその地にはその後四十年のあいだ何の騒乱もなかった+

脚注

「流れ去り」,マソ本,ウル訳; タル,シリ訳,「震い動き」; 七十訳,「揺り動かされ」。
字義,「通り道絶え[なおざりされ]」。
マソ本おける意味明瞭。
「その総督(君)たち都市戦った」,七十訳バチ写
マソ本おける意味明瞭; 七十訳バチ写,ウル訳,「裁き座すたち」。
または,「捕囚」,すなわち,捕らわれ一団。
「その低地平原」,七十訳アレ写,テオ訳; マソ本,七十訳バチ写,ウル訳,「アマレク」。
または,「あなたに」。
「審問」,16同じように; マソ本,「規定」。
「昔日奔流」。または,「攻撃奔流」。ヘ語,ナハル ケドゥーミーム; ケドゥーミーム意味明確ない; 七十訳バチ写,「昔奔流」(複); ウル訳,「奔流カドミム」。
「しきりに[彼を]待ちわびた」,タル; マソ本,「しきり嘆き悲しんだ」。
または,「彼女王女たち」。ヘ語,サーローテイハー。
とりこそばめたち指す兵士表現。
ヘブライ字母一つ変えることより,「王に」; 母音符号打ち方わずか変えることより,「分捕りわたしに」; ヘブライ最後文字変えることより,「分捕りに」。
「あなたを」,シリ訳,ウル訳; マソ本,七十訳,「このを」。