内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 3:1‐31

3  さて,イスラエルを,つまりカナン少し経験ことないすべて+試みるため+エホバとどまらおい国民+以下とおりあった。  それただ,イスラエルの[後の]世代経験させ,彼らに,つまりそれ以前そのよう事柄経験ことないたち戦い教えるためだっある。  すなわち,フィリスティア+枢軸領主*+,すべてカナン+,さらには,バアルヘルモン+からハマト入るところ*+至るレバノン+一帯住むシドン+ヒビ+  そしていつも,イスラエル試み+,エホバモーセよりそのたち命じおきて従うどう見るためものなっ+  それイスラエルは,カナン人,つまりヒッタイト人,アモリ人,ペリジ人,ヒビ人,エブス+住ん+  そして,彼自分たちめとり+,自分たち彼ら息子たち与え+,彼ら神々仕えるあっ+  こうイスラエルエホバ行ない,自分たちエホバ忘れ+,もろもろバアル聖木*+仕えるようなっ+  ここおいエホバイスラエル対し燃え+,[]は彼らメソポタミア*+クシャンリシュアタイム売り渡さ+。そして,イスラエルクシャンリシュアタイム仕え続けた。  そしてイスラエルエホバ助け呼び求めるようなっ+。そこでエホバイスラエルため救い手+起こさた。彼ら救うためあり,カレブ+ケナズ+オテニエル+あった。 10  エホバ+今や臨み,彼イスラエル裁き人なった。彼戦闘出ると,エホバシリア*クシャンリシュアタイム与えられ,彼クシャンリシュアタイム打ち勝っ+ 11  その,その四十あいだ騒乱なかった。やがてケナズオテニエル死んだ。 12  そしてび,イスラエルエホバ行なうようなっ+。そこでエホバモアブ+エグロンイスラエル対し強くならせ+。彼らエホバ行なっからある+ 13  []はまたアンモン+アマレク+彼ら対し結集た。そして彼らイスラエル討ち,やし都市+入れた。 14  そしてイスラエルモアブエグロン十八仕え続け+ 15  そのためイスラエルエホバ助け呼び求めるようなっ+。それエホバ彼らため救い手起こさた。ゲラエフド+ある。ベニヤミン+あり,左利き*+あった。やがてイスラエルよっモアブエグロン貢ぎ物*送ることなった。 16  一エフドは,自分ため作った。それもろ刃+あり,その長さキュビト*あった。そしてそれ自分下,右帯び+ 17  こうモアブ+エグロン貢ぎ物差し出した。ところで,エグロン非常太っあった。 18  さて,貢ぎ物+差し出すこと終えると,彼すぐを,すなわち貢ぎ物担ったち去らた。 19  そして自身ギルガル+ある石切り*ところから引き返した。そうこう言った。「王よ,内々お伝えべき言葉ございます」。そこでは,「静粛に!」と言った。すると,そば立っみなもとから行っ+ 20  それエフドもとた。彼自分だけもの涼しい屋上座しいるところあった。それエフドさらにこう言った。「あなた言葉ございます」。すると自分から起こした。 21  その,エフド自分左手差し入れから抜き,それ突き刺した。 22  そして,刀伴っつかまで入っいっため,脂肪刀身すっかりかぶさった。彼からその抜かなかっためある。すると,糞便* 23  それからエフド*伝った。しかし,屋上自分後ろ閉め,それ掛けた。 24  こう+ その後[エグロン]のたちやっ見まわしが,見ると,屋上掛かった。それ彼ら言った,「涼しい足し*+おられるだろう」。 25  こうずっ待っが,ついに恥じ入るようなった。しかも,見よ,だれその屋上開けないあった。そこで彼らかぎ取っそれ開けが,見ると,自分たち*倒れ死んいるあった。 26  一エフドは,彼ら手間どっいるそこ逃れ,自分石切り+そば通っセイラ逃れた。 27  そしてそこと,エフライム山地+角笛*吹きはじめ+。すると,イスラエル山地下り行くようなった。彼そのあった。 28  そのとき言った,「わたし付いなさい+。エホバあなた方モアブを,あなた方渡さからです+」。それ彼らその付い行き,モアブ立ち向かっヨルダン渡り場+攻め取った。そして,だれひとりそこ渡ること許さなかった。 29  こうその,彼らモアブ討ち,約一万倒し+。それみな強壮*たち+あり,みな勇士あった。一逃れなかっ+ 30  こうその,モアブイスラエル従えられるようなった。そのその八十あいだ騒乱なかっ+ 31  また,彼アナトシャムガル+て,フィリスティア+六百突き棒打ち倒した。彼またイスラエル救っ+

脚注

「枢軸領主」。「太守領(五つ)」,ギ語,サトラペイアス; ラ語,サトラパス,「太守たち」。ヨシュ 13:3,「領主」の脚注参照。
ヨシュ 13:5,「入るところまで」の脚注参照。
または,「アシェリム」。
「メソポタミア」,ウル訳; マソ本,「アラムナハライム」; 七十訳,「川(複)のシリア」。
「[川(複)の]シリア」,七十訳アレ写,ウル訳; マソ本,「アラム」。
字義,「右手閉ざさた(阻害た)人」,マソ本; 七十訳,「両手利く人」。20:16比較。
または,「贈り物」。
「一手尺」,七十訳; ウル訳,「手のひらほど」; ヘ語,ゴーメド,明らかない長さ単位。ひじから,握っこぶしまで測っキュビト,約38見るいる。
または,「彫像」。
「すると,糞便た」。または,「それから小窓通った」。ウル訳,「すると,すぐ陰部から吹き出た」。
または,「玄関」; もしくは,「屋外便所」。
字義,「ずっ隠して」。
「自分たち」。ヘ語,アドーネーヘム。卓越表わす複数形; ギ語,キュリオス,単数形; ラ語,ドミヌム,単数形。
字義,「角笛ショファル)で」。ヘ語,バッショーファール
または,「肥えた」。