内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 19:1‐30

19  さて,そのころ,イスラエルなかっ+。そして,あるレビエフライム山地+最も遠く離れしばらくとどまることなった。やがてユダベツレヘム+からひとりそばめ+めとった。  ところが,そのそばめ背い淫行+犯すよう*なっ*。ついに彼女もと離れて,ユダベツレヘムある自分行き,そこか月とどまった。  そこで立っ彼女追っ行き,いたわり言葉かけ*彼女連れ戻そた。そして,従者*+雄ろば一緒あった。それ彼女自分入らた。娘父親は,彼見るや,歓んこれ迎えた。  こうしゅうと,つまり父親引きとどめため,彼そのもととどまった。みんな食べたり飲んだりし,彼*そこ泊まるあっ+  次いこと,みんないつもよう朝早く起き,彼立っ出かけようすると,娘父親婿こう言った。「あなた少しパン養い+,そのみんな出かけ行くよい」。  そこで一同下ろし,両者食べたり飲んだりはじめた。その後,娘父親その言った,「さあ,どうか,泊まっゆきなさい+。あなたいこわせるよい+」。  その立っ出かけようすると,しゅうとしきり請い願うあった。それそこもう泊まっ+  五朝早く起き出かけようすると,娘父親こう言った。「さあ,あなたため食事ゆきなさい+」。そのため彼ら去りかねいるうちに,ついに薄れた。それでも双方ずっ食べつづけた。  それからその+,つまりそばめ+従者+起こし出かけようた。しかし,娘父親あるそのしゅうとこう言った。「さあ,見なさい,日傾いて,夕方なろいる。さあ,みんな,泊まっゆきなさい+。日もう終わろいる。ここ泊まって,心いこわせるよい+。そして,明日は,あなた方ため早く起きて,自分天幕向かうだ」。 10  しかし,その泊まっゆくこと同意ず,立っ進ん行き,エブス+つまりエルサレム+面するところまでた。彼に,鞍置い雄ろば,またそばめ従者* 11  一行エブスすぐ近くいるかなり低くなっ+ため,従者主人*こう言った。「さあ,今,エブス+この都市寄って,そこ泊まっまいりましょう」。 12  しかしその主人言った,「イスラエルない異国+都市寄るやめよう。わたしたちギベア+まで進ん行かなけれならない」。 13  そして従者さらにこう言った。「さあ,どこその場所近くまで行こう。ギベアラマ+泊まるだ」。 14  それ彼らそこ通り過ぎ進ん行っが,ベニヤミン属するギベア近づいころ彼ら沈みはじめた。 15  そこで彼らそこ立ち寄り,中入っギベア泊まることた。そして彼ら*入っその都市公共広場下ろしが,彼ら連れ行っ泊めようするひとりなかっ+ 16  やがて,見よ,晩なっから,ひとり老人仕事から戻っ来るあっ+。それエフライム山地+からで,しばらくギベアとどまっいるあった。しかし,その場所人々ベニヤミン+あった。 17  彼上げて,その人,旅人公共広場いるた。そこでその老人言った,「どちら行かれるか。どこからおいでなっ+」。 18  それ言った,「わたしどもユダベツレヘムからエフライム山地最も遠く離れまで行くところです+。わたしそこですが,ユダベツレヘム行っです+。いま自分*向かうところですが,家迎え入れくれるだれませ+ 19  ですが,雄ろばためわら飼い葉+あり,わたしこの奴隷+ため,また*おりますこの従者+ためパン+ぶどうあります。何一つ不足いるものありません」。 20  しかし,老人言った,「あなた平安あるよう*+! 何不足ものあれわたし任せなさい+。だが,公共広場泊まることだけおよしなさい」。 21  そう自分連れ行き+,雄ろば混ぜ与え+。そこで一行洗っ+,食べたり飲んだりはじめた。 22  彼らそのいこわいる+,見よ,その都市たち,全くどうようないたち*+その取り囲み+,戸口向かっ押し合いするあった。そして,その持ち主ある老人こう言いつづけた。「お前入っあの出せ。我々その交わり持つため+」。 23  それ聞い持ち主彼らところ行き,こう言っ+。「いや,兄弟たち+,どうか,悪いくれるな。このわたし入っだ。そのよう恥ずべき愚行+いけない。 24  ここわたし処女と,このそばめいる。どうかそれ出さくれ。あなた方それ犯し+,あなた方良いようするよい。しかしこの対しは,そのよう恥ずべき愚行ならない」。 25  それでも,男たちその[言葉]を聴こなかった。そのため,その自分そばめ+取って,これ彼らもと連れ出した。それ彼らその交わり持ちはじめ+,朝まで夜通しこれ辱め+,そののち明けるころ彼女送り返した。 26  それで,そのなるころ戻っが,自分主人いるその+入口ところ倒れた ― 明るくなるまでそのままあった。 27  その後,彼女主人なっ起き上がり,家開け出,道行こた。すると,見よ,その女,すなわち自分そばめ+が,両手敷居掛けまま入口ところ倒れいるあった。 28  それ言った,「立ちなさい。さあ行こう」。だが,それ答えるなかっ+。そこでその彼女ろば乗せ,立っ自分+行った。 29  それから自分入っ屠殺短刀取り,自分そばめ[の遺体]を抱え,それそのしたがって十二部分切り分け+,イスラエルすべて領地それ送っ+ 30  すると,それ見るすべてこう言うあった。「このようは,イスラエルエジプトから上っから今日このまで起きことことない。あなた方この*留め相談+,[意見を]述べよ」。

脚注

「そのそばめ対し怒るように」,七十訳アレ写
「ところが……淫行犯すようなっ」。ヘ語,ワッティズネ
「いたわり言葉かけて」。字義,「その語りかけて」。
または,「若者; 少年」。
「彼」,七十訳諸写,古ラ訳; マソ本,シリ訳,「彼ら」。
「またそばめ従者た」,9および11一致て; マソ本,「またそばめ一緒た」。
主人」。ヘ語,アドーナーウ。卓越表わす複数形; ギ語,キュリオン; ラ語,ドミヌム創 39:2脚注参照。
「彼ら」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼」。
「自分へ」,七十訳(29比較); マソ本,シリ訳,「エホバへ」; ウル訳,「神へ」。しかしKB,369ページは,ここで「エホバ」といるは,「わたしの」という人称単数代名詞取り違えためあろ述べいる。
「僕」,タル,シリ訳; マソ本,「僕たち」。
字義,「あなた平安が」。ヘ語,シャーローム ラーク。
「全くどうようないたち」。字義,「ベリアル(無価値)の人々」。
「心を」,タル; マソ本,「あなた方自身ために」。