内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 18:1‐31

18  そのころイスラエルなかっ+。またそのころ,ダン+部族は,自分住むため相続求めた。そのなるまで,イスラエル部族あっ彼ら相続定まっなかっからある+  やがてダンは,自分たち家族うち人,すなわち自分たちうち勇者ある人々ツォルア+エシュタオル+から送り出して,土地偵察+,それ探らた。そしてそのたち言った,「行って,その探っなさい」。やがて一行エフライム山地+入り,ミカ+あるまでて,そこで過ごした。  ミカすぐ近くいるに,彼らレビあるその若者気づいて,そこ立ち寄った。そうこう言った。「だれあなたここ連れですか。こんないるですか。ここどんな用事あるですか」。  それ言った,「ミカこれこれことわたし雇っくれ+,わたし祭司なる+ようくれです」。  そこで彼ら言った,「どうか+尋ね+,わたしたち行こいるうまくゆくどう分かるようください」。  すると祭司彼ら言った,「安心お行きなさい。あなた方行くそのは,エホバみ前あります」。  そこでその進ん行っライシュ+た。そして,そのいるシドン習わしどおり自分頼っ住み,平穏に,また懸念持たいる+た。圧迫する征服*その干渉いるわけなく,しかもシドンたち+から遠く離れ,また人々*かかわり全くないようあった。  ようやく彼らツォルア+エシュタオル+いる自分兄弟たちところ戻った。それ兄弟たちは,「どうだっか」と彼ら聞きはじめた。  そこで彼ら言った,「さあ,立ち上がっください。彼らところ攻め上りましょう。わたしたちそのからです。そうです,それ非常良いです+。それなのにあなた方ためらっます。ぐずぐずず,進ん行っその入り,それ取得するです+ 10  そこ入れば,あなた方懸念持たいる+ところます。しかもその十分広い*です。*それあなた方お与えなっです+。地あるどんな不足することないです+」。 11  そこで,戦い武器帯び六百人,ダン家族たち+が,そこから,つまりツォルアエシュタオル+から出発行った。 12  そして彼ら上って,ユダキルヤトエアリム+宿営張った。そのため人々その場所マハネダン*+呼ん今日至っいる。見よ,それキルヤトエアリム西*ある。 13  そののち彼らそこからエフライム山地進み,ミカところまで+ 14  その時,ライシュ+偵察さき+答え兄弟たち言った,「これらエフォドテラフィム+,また彫刻+鋳物+ある知っましか。それ今,自分たち行なうべき思い留めください+」。 15  そう彼らそこ立ち寄り,ミカいるレビ+若者て,彼どのよう暮らしいる尋ねはじめ+ 16  そのずっと,戦い武器+帯び六百人,ダンたち+は,門入口ところ立った。 17  土地偵察たち+さらに上っ行った。そこ入っ彫刻+エフォド+,またテラフィム+鋳像+取るためあっ*。(そして,祭司+は,戦い武器帯び六百入口ところ立っ*。) 18  そしてこれらミカ入って,彫刻像,エフォドテラフィムおよび鋳像取ろ+。これ祭司+言った,「あなた方いるですか」。 19  しかし彼ら言った,「静かせよ。口当てよ。一緒て,わたしたちため+また祭司+なっくれ。一ため祭司いる+と,イスラエル一部また家族ため祭司なる+は,あなたとっどちら良いか」。 20  これ聞いその祭司喜ん+。そこでエフォドテラフィム彫刻取っ+その入った。 21  そののち彼ら向き転じ自分たち行き,幼いたち畜類貴重自分たち先頭置い+ 22  ミカ+すぐ近い人々呼び集められダン追いつこ時,彼らミカから少し離れところまでた。 23  それらたちダン向かっ叫びつづけると,彼ら振り向いミカこう言った。「あなた呼び集めたりて,一体どう+」。 24  それ言った,「わたし作っ+わたし神々+あなた方取った。しかも祭司+まで[連れて]進ん行く。このわたしある+。それなのに,『一体どうた』などと,よく言えものだ」。 25  するとダン言った,「お前わたしたちそば聞こえさせいけない。苦々しいたち+お前たち襲いかかることないためだ。そうなれば,自分*加えたちまで失うことなるだろう」。 26  こうダン自分たち進ん行くあった。そしてミカは,彼ら自分より強い+,向き変え自分戻っ行った。 27  一方彼らは,ミカ作っもの取り,またものなっ祭司+連れて,ライシュ+へ,すなわち,平穏に,また懸念なく住んいる+ところ進ん行った。そしてこれ討ち+,その都市焼い+ 28  そしてこれ救い出すなかった。そこシドン+から遠く,人々かかわりなく暮らしからある。それベトレホブ+属する低地平原あった。そののち彼らその都市建て直しそこ住むようなっ+ 29  さらに,その都市自分たちよっダン呼ん+。ダンイスラエル生まある+。だが,ライシュいうその都市初めあっ+ 30  そのダン自分たちためその彫刻+立てた。そして,モーセ*ゲルショム+あっヨナタン*+,このそのダン部族祭司なって,その*流刑+まで及んだ。 31  こう彼らは,[まことの]+シロ+とどまっずっと,ミカ作っ彫刻自分たちもの立ておいた。

脚注

または,「圧迫立ち退かせる者」。字義,「圧迫占拠者(立ち退かせる者)」。VT,第2巻,1952年,67‐69ページ参照。
「シリアの」,七十訳アレ写,シュン訳,シリ訳ヘクサプラ
「十分広い」。字義,「両側広い」,つまり,広々いる。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳; タル,ウル訳,「エホバ」。
「ダン宿営」の意。
字義,「後方」,すなわち,東向いときの。
字義,「さらに上っ行って,そこ入り,……を取った」。
または,「テラフィム鋳像祭司取るためあり,その戦い武器帯び六百入口ところ立った」。
「自分の(あなたの))」。ヘ語,ナフシェカー; 七十訳アレ写(ギ語),プシュケーン スー; シ語,ナフシャーク。
「モーセ」(Moses),七十訳アレ写,ウル訳; マソ本,七十訳バチ写,シリ訳,「マナセ」(Manasseh)。モーセ対する敬意から,書士たちは,マソ本その元々浮き上がっヘブライ文字ヌーン(n)を挿入て,それを「マナセ」と読ませるようた。
字義,「エホナタン」。「エホバ与えくださった」の意。
「その」。ヘ語,ハーアーレツ。これサム一 4:3‐7:2記述指すもので,「その地(ארץ,アーレツ)の」でなく,「箱(ארון,アローン)の」と読むべきある論ずる人々いる。