内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 17:1‐13

17  さて,エフライム+で,名ミカ*いうた。  やがて自分こう言った。「あなたもとから持ち去られ,あなたそれついのろいことば述べ+,しかもわたし聞くところそれ話さあの千百ことですが,ご覧ください,そのわたしところあります。それ持ち去っわたしです+」。それ対し言った,「我エホバ祝福あるよう+」。  そこでその千百返し+。するとつづけ言った,「わたしどうしてこのを,我ために,神聖ものわたしからエホバささげなけれなりません。それよって,彫刻+鋳物+作るです。ですから今,わたしそれ改めてあなた与えます*」。  それその自分母親返却た。母親二百取って,それ細工+渡した。すると彫刻+鋳物+こしらえた。それミカ置かれることなった。  このミカ*いうは,自分神々*+持って,そのさらにエフォド+テラフィム*+作った。そして息子満たし*+そのため祭司なるよう+  そのころイスラエルなかっ+。すべて自分正しい見えること行なっ+  ところで,ユダベツレヘム+で,ユダ家族属する*ひとり若者た。彼レビ+あっ*。彼そこしばらく住んある。  後そのユダベツレヘム都市て,どこ場所見つかるところしばらくとどまることた。ついに,その進むうちエフライム山地入り,ミカまで+  そこでミカ言った,「どちらからおいでなっですか」。それ言った,「わたしレビで,ユダベツレヘムからました。わたしどこ場所見つかるしばらくとどまるためです」。 10  それミカた,「わたしところ住んで,わたしため+また祭司+なっください。わたしは,年枚,そして通常一式あなた食べる上げますから」。そこでレビ入った。 11  こうレビそのもと住むこと引き受け,その若者息子ようなった。 12  そして,ミカそのレビ満たし+その若者自分ため祭司ならせ+,ミカそのままとどまらた。 13  それミカた,「今,エホバわたし良くくださることはっきり分かる。レビわたしため祭司なっくれだから+」。

脚注

「だれエホバようあろか」の意。ヘ語,ミーカーエフー。
「ですから今,わたしそれ改めてあなた与えます」。このを,2の,「それ持ち去っわたしです」という置くべきする人々いる。
「ミカ」。ヘ語,ミーカー; ラ語,ミカ。
「神々」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テウー,「神」。18:24参照。
創 31:19脚注比較。
または,「そして息子任じて」。
「モーセ家族属する」と読むしれない。18:30比較。
または,「そのレビあった」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「そのレビいった」。