内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

裁き人 16:1‐31

16  ある​時​サムソン​は​ガザ​+に​行き,そこで​ひとり​の​遊女​に​会っ​て​その​もと​に​入っ​た+  すると,「サムソン​が​ここ​に​入っ​て​来​た」と​いう​知らせ​が​ガザ​人​たち​に​伝え​られ​た*。それ​で​人々​は​彼​を​取り囲み+,その​都市​の​城門​の​中​で​夜通し​待ち伏せ​し​た+。そして​彼ら​は​夜​じゅう​平静​を​守り,「朝​の​光​が​差し​て​き​たら​すぐ​彼​を​殺す​の​だ」と​言っ​て​い​た+  一方​サムソン​は,夜半​まで​横​に​なっ​て​い​た​が,夜半​に​なる​と​起き上がり,その​都市​の​城門​+の​扉​と​二​本​の​側柱​を​つかみ,それ​を​かんぬき​を​付け​た​まま​引き抜き,自分​の​肩​に​載せ​て,ヘブロン​+に​面する​山​の​頂​に​運ん​で​いっ​た+*  また​その​後,彼​は​ソレク​の​奔流​の​谷​の​ひとり​の​女​を​愛する​よう​に​なっ​た。その​女​は​名​を​デリラ​+と​いっ​た。  すると,フィリスティア​人​の​枢軸​領主​たち​+は​彼女​の​ところ​に​上っ​て​来​て,こう​言っ​た。「彼​を​だまし​て+,彼​の​大きな​力​が​何​に​よる​の​か,どの​よう​に​し​たら​彼​に​打ち勝つ​こと​が​できる​か,どう​し​たら​必ず​彼​を​縛っ​て​これ​を​制する​こと​が​できる​の​か​を​見​て​くれ。そう​すれ​ば​我々​と​し​て​は,めいめい​が​銀​千百​枚​を​お前​に​与え​よう+」。  後​に​デリラ​は​サムソン​に​言っ​た,「どうか,是非​わたし​に​教え​て​ください。あなた​の​大きな​力​は​何​に​よる​の​です​か。どの​よう​に​し​たら​あなた​も​縛ら​れ​て,人​に​制せ​られる​よう​に​なる​の​です​か+」。  すると​サムソン​は​言っ​た,「まだ​水気​が​あっ​て​乾燥​しきっ​て​い​ない​筋​+七​本​で​縛る​なら,わたし​も​弱く​なっ​て​普通​の​人​と​同じ​よう​に​なる​はず​だ」。  それ​で​フィリスティア​人​の​枢軸​領主​たち​+は,まだ​水気​が​あっ​て​乾燥​しきっ​て​い​ない​筋​七​本​を​彼女​の​ところ​に​持っ​て​来​た。後​に​彼女​は​それで[サムソン]を​縛っ​た。  さて,彼女​の​奥​の​部屋​に​は​待ち伏せ​の​者​が​座し​て​い​た+。そして​彼女​は,「サムソン,フィリスティア​人​+が​来​て​い​ます!」と​言う​の​で​あっ​た。すると,彼​は​その​筋​を​二つ​に​引きちぎっ​て​しまっ​た。火​の​におい​の​つい​た​粗麻​の​より糸​が​二つ​に​引きちぎら​れる​か​の​よう​で​あっ​た+。こう​し​て​彼​の​力​に​つい​て​は​知ら​れ​なかっ​た+ 10  続い​て​デリラ​+は​サムソン​に​言っ​た,「ご覧​なさい,あなた​は​わたし​を​からかっ​て,わたし​に​うそ​を​言お​う​と​され​まし​た+。今度​こそ,どう​し​たら​あなた​も​縛ら​れる​の​か,是非​わたし​に​教え​て​ください」。 11  それ​で​彼​は​言っ​た,「まだ​仕事​に​用い​た​こと​の​ない​新しい​縄​で​固く​縛る​なら,わたし​も​弱く​なっ​て​普通​の​人​と​同じ​よう​に​なる​はず​だ」。 12  そこで​デリラ​は​新しい​縄​を​取り,それ​で​彼​を​縛っ​て​こう​言っ​た。「サムソン,フィリスティア​人​が​来​て​い​ます!」 その​間​ずっ​と,待ち伏せ​の​者​が​奥​の​部屋​に​座し​て​い​た+。すると,彼​は​それ​を​縫い糸​の​よう​に​二つ​に​引きちぎっ​て​腕​から​落とし​た+ 13  その​後​デリラ​は​サムソン​に​言っ​た,「これ​まで​ずっ​と​あなた​は​わたし​を​からかっ​て,わたし​に​うそ​を​言お​う​と​され​まし​た+。どう​し​たら​あなた​も​縛ら​れる​の​か,どうして​も​話​し​て​ください+」。そこで​彼​は​言っ​た,「わたし​の​頭​の​七​房​の​編み髪​を​縦糸​+で​織り合わせる​なら​ば」。 14  そこで​彼女​は​それ​を​留め針​で​つづり合わせ*,その​後,「サムソン,フィリスティア​人​が​来​て​い​ます!」と​言っ​た+。すると​彼​は​眠り​から​覚め,機織り​用​の​留め針​と​縦糸​と​を​引き抜い​た。 15  この​とき​彼女​は​言っ​た,「あなた​は『お前​を​愛し​て​いる』など​と​よく​も​言える​もの​です+。あなた​の​心​は​わたし​と​共​に​など​あり​も​し​ませ​ん​の​に。こう​し​て​三​度​も​わたし​を​からかっ​て,あなた​の​大きな​力​が​何​に​よる​の​か​を​知らせ​て​は​くれ​ませ​ん​でし​た+」。 16  そして​彼女​が​終始​言葉​で​言い迫っ​て+,しきり​に​せがん​だ​ため,彼​の​魂​も​こらえ切れ​ない​で​死ぬ​ほど​に​なっ​た+ 17  ついに​彼​は​自分​の​心​の​すべて​を​彼女​に​明かし​て​+こう​言っ​た。「かみそり​+が​わたし​の​頭​に​当て​られ​た​こと​は​ない。わたし​は​母​の​腹​に​い​た​時​から​神​の​ナジル​人​な​の​だ+。もし​わたし​の​髪​の​毛​が​そり落とさ​れ​た​なら,わたし​の​力​も​必ず​わたし​から​去り,わたし​は​まさに​弱く​なっ​て​他​の​すべて​の​人​と​同じ​よう​に​なる​はず​だ+」。 18  彼​が​心​の​すべて​を​明かし​た​の​を​見る​と,デリラ​は​すぐ​に​人​を​やっ​て​フィリスティア​の​枢軸​領主​たち​+を​呼び,こう​言っ​た。「今度​こそ​上っ​て​来​て​ください。あの​人​は​自分​の​心​の​すべて​を​わたし​に​明かし​た​から​です+」。それ​で​フィリスティア​の​枢軸​領主​たち​は​彼女​の​もと​に​上っ​て​来​た。金​を​その​手​に​携え​て​来る​ため​で​あっ​た+ 19  そこで​彼女​は[サムソン]を​自分​の​ひざ​の​上​で​眠らせ​た。そう​し​て​人​を​呼び,その​者​に​彼​の​頭​の​七​房​の​編み髪​を​そり落とさ​せ​た。すると​それ​以後,彼女​は[サムソン]を​制する​こと​が​できる​よう​に​なり,また​彼​の​力​は​次第​に​去っ​て​いっ​た。 20  この​とき​彼女​は​言っ​た,「サムソン,フィリスティア​人​が​来​て​い​ます!」 それ​を​聞く​と​彼​は​眠り​から​覚め​て​こう​言っ​た。「わたし​は​これ​まで​の​よう​に​出​て​行っ​て​+振りほどこ​う」。だが,彼​自身​は,エホバ​が​自分​から​離れ​た​+こと​を​知ら​なかっ​た。 21  こう​し​て​フィリスティア​人​は​彼​を​捕まえ,その​両目​を​くじり取っ​て​+ガザ​+に​連れ​下り,銅​の​足かせ​二つ​を​これ​に​掛け​た+。彼​は​獄屋​+の​中​で​粉​を​ひく​者​+と​なっ​た。 22  ところで,彼​の​頭​の​毛​は,そり落とさ​れる​と​すぐ​また​豊か​に​伸び​始め​た+ 23  一方​フィリスティア​の​枢軸​領主​たち​は,自分​たち​の​神​ダゴン​+に​大いなる​犠牲​を​ささげる​ため,また​歓び合う​ため​共​に​集まっ​て,しきり​に​こう​言っ​た。「我々​の​神​*が​敵​の​サムソン​を​我々​の​手​に​与え​て​くれ​た+!」 24  民​は​彼​を​見る​と,すぐ​に​自分​たち​の​神​+を​賛美​し​始め​た。「我々​の​神​が,我々​の​敵​+を​この​手​に​与え​て​くれ​た​の​だ。我々​の​土地​を​荒らし​た​者+,我々​の​うち​の​非常​に​多く​を​打ち殺し​た​その​者​+を」と​彼ら​は​言っ​た。 25  そして,彼ら​は​その​心​に​浮か​れ​て​+こう​言いだし​た。「サムソン​を​呼ん​で​来​て,我々​の​ため​に​何​か​の​楽しみ​事​を​行なわ​せ​よう​で​は​ない​か+」。それ​で​彼ら​は​サムソン​を​獄屋​の​中​から​呼び出し​た。みんな​の​前​で​戯れ事​を​行なわ​せ​よう​と​し​て​で​あっ​た+。そして​彼​を​柱​の​間​に​立た​せ​た。 26  その​時​サムソン​は​自分​の​手​を​取っ​て​い​た​少年​に​こう​言っ​た。「この​家​の​堅い​支え​と​し​て​立つ​柱​に​触ら​せ​て,それ​に​寄りかから​せ​て​くれ​まい​か」。 27  (ところで,その​家​は​男女​で​いっぱい​に​なっ​て​おり,フィリスティア​の​枢軸​領主​たち​は​皆​そこ​に​い​た+。屋上​に​は​およそ​三千​人​の​男女​が​おり,サムソン​が​何​か​の​楽しみ​事​を​する​の​を​見​よう​と​し​て​い​た+。) 28  この​時​サムソン​+は​エホバ​に​呼びかけ​て​+言っ​た,「主権​者​なる​主​エホバ*,どうか​わたし​を​思い出し​て​ください+。どうか​この​一度​だけ​わたし​を​強く​し​て​ください+,[まこと​の]神​なる​方​よ。フィリスティア​人​に​復しゅう​させ​て​ください。わたし​の​二つ​の​目​の​うち​せめて​その​一つ​に​対する​復しゅう​を*+」。 29  そう​し​て​サムソン​は,その​家​の​堅い​支え​と​し​て​立つ​真ん中​の​二​本​の​柱​に​向かっ​て​しっかり​と​立ち,その​一方​を​右手,もう​一方​を​左手​に​つかん​だ。 30  それ​から​サムソン​は​言っ​た,「わたし​の​魂​は​フィリスティア​人​と​共​に​死ぬ​の​だ+」。そう​し​て​彼​が​力​を​込め​て​身​を​かがめる​と,その​家​は​枢軸​領主​たち​の​上,また​そこ​に​い​た​すべて​の​民​の​上​に​崩れ落ち​た+。その​ため,彼​が​自分​の​死​の​さい​に​死​に​至ら​せ​た​死者​は,生き​て​いる​間​に​死​に​至ら​せ​た​者​より​多く​なっ​た+ 31  後​に​彼​の​兄弟​たち​また​その​父​の​家​の​すべて​の​者​が​下っ​て​来​て​彼​を​抱え上げ,これ​を​携え上っ​て,ツォルア​+と​エシュタオル​+の​間​に​ある​父​マノア​+の​埋葬​所​に​葬っ​た。彼​は​イスラエル​を​二十​年​裁い​た​の​で​ある+

脚注

「すると……と​いう​知らせ​が​ガザ​人​たち​に​伝え​られ​た」,七十訳; マソ本,「ガザ​人​たち​に……と[伝え​られ​た]」。
七十訳​は,「そして​それ​を​そこ​に​置い​た」を​付け加え​て​いる。
「そして​その​後​の​こと,彼​が​眠っ​て​いる​間​に,デリラ​は​彼​の​頭​の​七​房​の​編み髪​を​取っ​て​縦糸​で​織り合わせ,それ​を​留め針​で​壁​に​留める​の​で​あっ​た」,七十訳​バチ写
「我々​の​」。ヘ語,エローヘーヌー。卓越​を​表わす​複数​形​で,ダゴン​に​つい​て​用い​られ​て​おり,動詞​は​単数​形; 七十訳​アレ写(ギ語),テオス; ラ語,デウスサム​一 5:7; 王​二 19:37参照。
「主権​者​なる​主​エホバ」。ヘ語,アドーナーイ エホーウィ; 七十訳​バチ写(ギ語),アドーナイエ キュリエ; ラ語,ドミネ デウス。付録1ホ参照。
「フィリスティア​人​に……復しゅう​を」の​句​を​次​の​訳​は​こう​読ん​で​いる; 七十訳,「そうすれば,わたし​は,わたし​の​二つ​の​目​に​対する​一つ​の​復しゅう​を​もっ​て​これら​外国​人​に​復しゅう​する​の​です」; ウル訳,「それ​は​わたし​の​敵​たち​に​復しゅう​し​て,二つ​の​目​を​失っ​た​こと​に​対する​一つ​の​復しゅう​を​得る​ため​です」。