内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 14:1‐20

14  そのサムソンティムナ+下り,ティムナフィリスティアうちひとり見そめた。  それ上っ行き,自分話しこう言った。「わたしティムナた,フィリスティアうちひとります。今,彼女わたしもらっください+」。  しかし言った,「お前兄弟たちわたしすべてない+,それお前割礼フィリスティアからめとるいう+」。それでもサムソン言った,「ともかく彼女わたしためもらっください。わたしまさにかなう[娘]なです」。  父は,これエホバからいること+,彼フィリスティア立ち向かう機会求めいること知らなかった。そのころフィリスティアイスラエル支配ある+  こうサムソン自分連れティムナ+下っ行った。彼*ティムナぶどうところまで来ると,見よ,たてがみある若いライオン向かっほえたけるあった。  ときエホバ働きはじめ+。そのためは,人子やぎ二つ裂くようそれ二つ引き裂いた。しかもその持っなかった。そして自分つい話さなかった。  彼さらに下っ行って,その語りはじめた。彼女依然サムソンかなうあっ+  さて,そのしばらく後,彼その[娘]を連れよう+再びそこ行った。その途中,わき寄っそのライオン*死がい見ると,そこは,ライオンしかばね蜜ばち群れおり,蜜+たまっいるあった。  それそれ自分手のひらかき集めから歩きつづけ,歩きながらそれ食べ*+。父ところ戻る*,すぐそれ少し与え,彼らそれ食べはじめた。そしては,ライオンしかばねからそのかき集めこと彼ら話さなかった。 10  そしてそのままそのところ下っ行き,サムソンそこで宴会催すことなっ+。若者たちそのようするだっからある。 11  そして,彼見ると,人々すぐ三十花婿付き添い連れて,そのたち一緒いるようするあった。 12  そこでサムソン彼ら言った,「どうか,あなた方なぞ掛けさせください+。もしあなた方この宴会+間違いなくそれ告げ,確かそれ解くならば,わたし三十下着三十衣服必ずあなた方上げます+ 13  しかし,もしそれ告げることできないなら,あなた方ほう三十下着三十衣服わたしくれなけれなりません」。そこで彼ら言った,「どうぞあなたなぞ出しください。わたしたちそれ聞かください」。 14  それ言った, 「食らう+から食い物出,強いから甘い+」。 だが,彼らこのなぞ[の意味]を告げることできなかった。 15  そして*なっ彼らサムソンこう言いだした。「あなただまして,彼我々このなぞ告げるようくれ+。でなければ,お前お前焼いやる+。我々持ち物+取るため我々ここ招いか」。 16  そのためサムソン泣きつい+こう言いだした。「あなたわたし嫌っいるだけです。そうです,愛しなどないです+。あなたわたし掛けなぞ+ありましが,わたしそれ教えくれませでした」。そこで言った,「どうして,わたしない+,それお前話すべきか」。 17  しかし,ふたりため宴会続いあいだ彼女ずっ泣きついくるあった。それなっついにそれ告げた。彼女しきり迫っためあっ+。それ彼女そのなぞつい自分告げ+ 18  そのため,その都市人々は,七目,彼まだ部屋+入らないうち*こう言った。 「蜜より甘いものあろう。ライオンより強いものあろ+」。 それ対し言った,「わたし若い雌牛です返さなかっなら+あなた方わたしなぞ解けなかっ+」。 19  そしてエホバ働くようなっ+。そのためアシュケロン+下っ行っそこ人々三十打ち倒し,その人々からはぎ取っもの持って,その[衣服]を,なぞ告げたち与え+。それでも,その怒り熱くまま,彼自分上っ行った。 20  そしてサムソン+は,花婿付き添い+ひとり,すなわち交わっものなった。

脚注

「彼」,七十訳; マソ本,ウル訳,「彼ら」。
ライオン」。ヘ語,ハーアルエー。アフリカライオン。
字義,「歩きつつ,また食べつつ」。ヘブライこれら動詞不定詞独立で,時関し不定。
字義,「のところ歩くと」。
「四」,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「七」。
「彼まだ部屋入らないうちに」,修正よる; シリ訳,「彼宴会行くに」; マソ本,七十訳アレ写,ウル訳,「日沈まないうちに」; 七十訳バチ写,「日昇るに」。15:1比較。