アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

裁き人 13:1-25

13  そしてイスラエルの子らは再びエホバの目に悪を行なうようになった+。そのためエホバはこれを四十年の間フィリスティア人+の手に渡された。  そうしたころに,ツォルア+の人で,ダン人+の家族に属するひとりの人がいた。その名はマノア+といった。また,その妻はうまずめであり,子を産んだことがなかった+  やがてエホバのみ使いがその女に現われて+こう言った。「さあ,見なさい,あなたはうまずめで,子を産んだことがない。だが,あなたは必ず妊娠して,男の子を産むであろう+  それで今,どうか自分に気を付けて,ぶどう酒や酔わせる酒を飲まず+,汚れたものをいっさい食べないようにしなさい+  見よ,あなたは妊娠し*,必ず男の子を産む。かみそりをその頭に当ててはいけない+。その子供*は腹を出た時から+のナジル人+となるからである。その者は,先頭に立ってイスラエルをフィリスティア人の手から救う者となる+」。  そこで彼女は行って自分の夫にこう言った。「[まことの]の人がいて,わたしのところに来ました。その姿は[まことの]のみ使いの姿のようで+,大いに畏怖の念を抱かせるものでした+。それでわたしは,その人がどこから来たかを尋ねませんでしたが,その人も自分の名を言いませんでした+  ただその人はこう言いました。『見よ,あなたは妊娠する。あなたは必ず男の子を産むであろう+。それで今,ぶどう酒や酔わせる酒を飲まず,汚れたものをいっさい食べないようにしなさい。その子*は,腹を出た時から死ぬ日までのナジル人となるからである+』」。  するとマノアはエホバに懇願しはじめてこう言った。「失礼ですが,エホバ*+,あなたがいま遣わしてくださった[まことの]の人,その人がどうかもう一度わたしたちのところに来て,生まれて来るその子*に何を行なったらよいか+をわたしたちに教えるようにしてください+」。  すると,[まことの]はマノアの声を聴き入れられ+,[まことの]のみ使いが再びその女のところにやって来た。彼女が野に座している時であったが,夫マノアは共にいなかった。 10  すぐに女は急いで走って行き,夫に告げて+こう言った。「見てください,先日わたしのところに来た人が,わたしに現われました+」。 11  そこでマノアは身を起こし,妻に付いて*その人のところに来た。そしてこう言った。「あなたがこの女にお話しくださった方でしょうか+」。それに対し彼は,「そうだ」と言った。 12  それでマノアは言った,「では,あなたのお言葉がそのとおりになりますように。その子*の生活の仕方と仕事とはどのようなものとなるのでしょうか+」。 13  するとエホバのみ使いはマノアに言った,「わたしがこの女に述べたすべてのもの,それを彼女は断つべきである+ 14  ぶどうの木から生じる物を何一つ食べてはいけない。ぶどう酒や酔わせる酒を飲まず+,汚れたものをいっさい食べないようにせよ+。すべてわたしが命じたことを彼女は守るように+」。 15  その時マノアはエホバのみ使いに言った,「どうかあなたをお引き留めさせてください。み前に子やぎを調理いたしましょう+」。 16  しかしエホバのみ使いはマノアに言った,「あなたが引き留めても,わたしはあなたのパンは食べないであろう。だが,エホバに焼燔の捧げ物をするというのであれば+,それをささげてもよい」。マノアは,それがエホバのみ使いであることを知らなかったのである。 17  それでマノアはエホバのみ使いに言った,「あなたのお名前は何といわれるのでしょうか+。お言葉がそのとおりになる時,わたしたちがあなたに間違いなく敬意を表わせますように」。 18  しかしエホバのみ使いは彼に言った,「一体どうしてわたしの名について尋ねたりするのか。それは驚嘆すべきものであるのに」。 19  それでマノアは子やぎと穀物の捧げ物とを持って来て,それを岩の上でエホバにささげた+。すると,マノアとその妻が見守る中で,[]は驚嘆すべき方法で事を行なわれるのであった。 20  そして,炎が祭壇から天のほうに上ると,その時エホバのみ使いは,マノアとその妻とが見守る中,祭壇の火のうちにあって上って行くのであった+。直ちにふたりは地にひれ伏した+ 21  そして,エホバのみ使いはマノアとその妻にそれ以上繰り返して現われることはなかった。その時になって,マノアは,それがエホバのみ使いであったことを知った+ 22  そのためマノアは妻に言った,「わたしたちはきっと死んでしまうだろう+を見てしまったのだから+」。 23  しかし妻は言った,「もしエホバがただわたしたちを死なせることを喜びとしておられたのでしたら,わたしたちの手から焼燔の捧げ物や穀物の捧げ物を受け入れたりはされなかったはずです+。そして,こうしたことすべてを示してくださることも,このようなことを今のように聞かせてくださることもなかったでしょう+」。 24  後に彼女は男子を産み,その名をサムソン+と呼んだ。男の子は次第に大きくなり,エホバは引き続きこれに祝福をお与えになった+ 25  やがて,ツォルア+とエシュタオル+の間のマハネ・ダン*+において,エホバの霊+は彼を駆り立てるようになった。

脚注

「あなたは妊娠し」,七十訳アレ写; ウル訳,「あなたは子をはらみ」; マソ本,七十訳バチ写,「あなたは妊娠しており」。
または,「その男児; 少年」。ヘ語,ハンナアル
13章5節,「子供」の脚注参照。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
13章5節,「子供」の脚注参照。
または,「(妻の)後に付いて行き」。ヘ語,ワイエーレク……アハレー。ヘブライ語の後半の語は前置詞。創 16:13,「見た」の脚注,および,アハルのいろいろな形が出ている創 24:5,8,39; 出 15:20参照。
13章5節,「子供」の脚注参照。
「ダンの宿営」の意。