内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 12:1‐15

12  そのエフライム人々呼び集められ,渡っ進み,エフタ向かっこう言った。「あなた渡っ行っアンモン戦うに,一緒行くようわたしたち呼びかけなかっどうして+。あなたあなたもろとも焼いろう+」。  しかしエフタ彼ら言った,「わたしは,すなわちわたしわたしは,アンモン対し特別闘いする*なりまし+。そしてわたしあなた方援助求めましが,あなた方わたし彼らから救っくれませでした。  あなた救い手ならない時,わたし自分*自ら掌中置い+アンモン向かっ行くこと決意まし+。すると,エホバ彼らわたし与えくださっです。それですから,このなっわたし攻めて,わたし戦おするどうしてですか」。  すぐエフタギレアデすべて人々集め+エフライム戦った。ギレアデ人々エフライム討ち倒しいった。[エフライム]は,「ギレアデよ,エフライム中,マナセあって,お前エフライムから逃れ出だ」と言っある。  そしてギレアデエフライムよりヨルダン渡り場攻略+。逃れエフライム人々が「渡らくれ」と言うと,ギレアデ人々その一人一人に,「あなたエフライムか」と言うあった。そのが「違う!」と言うと,  彼らは,「さあ,シボレト言っなさい*」と言っ+。するとそのは,その言葉正しく言え*,「スィボレト」と言うあっ*。そこで彼らその捕らえヨルダン渡り場打ち殺しある。こうそのエフライムうち四万二千倒れ+  そしてエフタ引き続きイスラエル裁いた。そのギレアデエフタ死んで,ギレアデ自分都市*葬らた。  次い後,ベツレヘム+からイブツァンイスラエル裁きはじめ+  そして三十息子三十持つようなった。彼よそ土地送って,自分息子ためによその土地から*三十連れ来さた。そしてイスラエルあいだ裁いた。 10  そのイブツァン死んベツレヘム葬らた。 11  次いゼブルン+エロンイスラエル裁きはじめた。そしてイスラエル裁いた。 12  そのゼブルンエロン死んで,ゼブルンアヤロン葬らた。 13  またピルアトン+ヒレルアブドンイスラエル裁きはじめた。 14  そして四十息子三十持つようなった。それら七十ろば成獣乗るたち+あった。そしてイスラエル裁いた。 15  そのピルアトンヒレルアブドン死んで,エフライム地,アマレク+山中ある*ピルアトン葬らた。

脚注

字義,「特に闘いと」。
または,「自分」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム
「さあ,シボレト言っなさい」。ヘ語,エモルナー シッボーレト。「シボレト」は「穀物穂」,または「水流」の意。創 41:5参照。
「言えず」,字義通りは「どのよう言う分からず」と読む12ヘブライ写本一致て; マソ本,「言うこと耐えず」。
「するとそのは……『スィボレト』と言うあった」。ヘ語,ワイヨーメル スィッボーレト。「スィボレト」は「シボレト」のエフライム発音。
「ギレアデ自分都市に」,七十訳バチ写,ウル訳; マソ本,「ギレアデ都市[の一つ]に」; シリ訳,「ギレアデある都市に」。
「よそ土地から」,すなわち,他家族または部族(氏族)から。
「アマレク山中ある」。七十訳アレ写,「ラナクある」。