内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 11:1‐40

11  さて,ギレアデ+エフタ+ある勇敢+なった。彼遊女+あり,ギレアデエフタあった。  また,ギレアデ息子たち産んだ。妻息子たちは,大きくなると,エフタ追い出そこう言った。「わたしたち家族あなた相続持つことあっならない+。あなたから」。  それエフタ兄弟たちゆえに逃げ行き,トブ住むようなっ+。そして,することないたちエフタもと集まって,彼行くあっ+  それからしばらく後,アンモンイスラエル対し戦い始め+  そして,アンモンイスラエル実際戦うようなる+,ギレアデ年長たちすぐ行って,エフタトブから連れよう+  そして彼らエフタこう言った。「ぜひて,わたしたち司令なっください。アンモン対し戦おではありませか」。  しかしエフタギレアデ年長たち+言った,「あなた方ほうわたし憎んで,父から追い出しありませ+。それなのに,どうしてなっわたしところ来るですか。自分たち苦難ぶつかっなっ+」。  これ対しギレアデ年長たちエフタ言った,「だからこそわたしたちあなたもと戻っです+。是非わたしたち一緒行って,アンモン戦っください。是非わたしたちためギレアデ住民なっください+」。  それエフタギレアデ年長たち言った,「もしあなた方アンモン戦うためわたし連れ戻すいうあれば,そしてエホバ彼らわたし渡しくださるあれ+,わたしあなた方なりましょう!」 10  するとギレアデ年長たちエフタ言った,「わたしたち行なうことあなた言葉どおりないすれ+,エホバわたしたち聴き手ならますよう+」。 11  そこでエフタギレアデ年長たち行き,民また司令自分たち立て+。そのエフタミツパおい+自分すべて言葉エホバ述べ+ 12  次いエフタアンモン+もと使者送っこう言った。「あなたわたし攻めて,わたし土地戦いようますが,わたしあなたどんなかかわりあるでしょ*+」。 13  するとアンモンエフタ使者たち言った,「イスラエルは,エジプトから上っ時,わたし土地を,すなわちアルノン+からヤボクまで,さらにヨルダンまで+取っから+。ゆえに今,それ平和返すように」。 14  しかしエフタアンモンもともう一度使者たち送って, 15  こう言わせた。 「エフタこのよう申しました。『イスラエルモアブ土地+またアンモン土地取っありませ+ 16  エジプトから上っ時,イスラエル荒野歩い紅海まで行き+,カデシュ着いです+ 17  そのイスラエルエドム+使者たち送って,「どうかあなた土地通らください」と言いましが,エドム聴き入れませでした。また,モアブ+もと使者やりましが,彼それ応じませでした。そのためイスラエルずっカデシュとどまっまし+ 18  次い荒野歩いも,彼らエドム土地モアブ土地う回+進んため,モアブ土地関し方向進み*+,アルノン地域宿営張りました。モアブ境界入らなかっです+。アルノンモアブ境界だっからです+ 19  「『そのイスラエル使者たちを,アモリシホン,ヘシュボン+もと送り,イスラエルこう述べました。「どうかあなた土地通らわたし行かください+」。 20  するとシホンは,イスラエル領地通過することつい納得ず,シホン自分すべて集めヤハツ陣営敷き+,イスラエル対し戦いしかけまし+ 21  これ対し,イスラエルエホバシホンそのすべてイスラエルお与えなり,そのため彼らこれ討ち,イスラエルその住むアモリすべて土地取得まし+ 22  こう彼らアモリすべて領地,すなわちアルノンからヤボクまで,また荒野からヨルダンまで取得です+ 23  「『ですから今,イスラエルエホバが,アモリご自分イスラエルから立ち退かです+。それなのにあなた方は,このたち立ち退かよう*ます。 24  だれせよあなた*ケモシュ+立ち退かせるいれば,それあなた立ち退かせる*ありませか。また,すべてわたしたちエホバわたしたちから立ち退か者,それわたしたち立ち退かせる*ありませ+ 25  そして今,あなたは,チッポル子,モアブバラク+勝るところあるでしょか。彼イスラエル論じ合い,あるいはこれ対し戦っことかつてあるでしょか。 26  イスラエルヘシュボンそれ依存する町々+,アロエル+それ依存する町々,またアルノン近いすべて都市三百住んに,どうしてそのそれ奪い取らなかっです+ 27  このわたしは,あなたおかしません。それなのにあなたわたし戦いしかけて,わたし行なっます。裁き主なるエホバ+今日,イスラエルアンモン裁かますように』」。 28  だが,アンモンは,エフタ送っ言葉+聴き入れなかった。 29  このエホバエフタ臨ん+。彼ギレアデマナセ通り,ギレアデミツペ+通っ行き,ギレアデミツペからアンモンところ進ん行った。 30  そのエフタエホバ誓約+こう言った。「もしアンモン間違いなくわたし与えくださるならば, 31  わたしアンモンもとから無事+戻っわたし戸口から迎え来る者,その来るエホバものされる+ことなります。わたしその焼燔捧げ物ささげなけれなりませ+」。 32  こうエフタアンモンところ進ん行っ彼ら戦っが,エホバこれお与えなった。 33  それで[エフタ]は彼ら討っアロエルからミニト+まで二十都市,さらにアベルケラミムまで進んで,はなはだ大いなる殺りく行なった。こうアンモンイスラエル従えられた。 34  ようやくエフタミツパ+自分戻った。すると,見よ,自分が,タンバリン鳴らしつつ,踊りながら*迎えある+。ところで,彼女全く一人子あっ*。そのほか息子なかった。 35  それで,彼女時,彼引き裂きながら+こう言った。「ああ,我よ! お前まことわたしかがまた。わたし締め出し者,お前それなっは。しかもわたしは,エホバ対し自分開いしまった。引き下がることできない+」。 36  しかし彼女言った,「お父さま,エホバ向かっ開かでしたら,口からそのとおりわたしなさっください+。エホバあなたアンモン対し復しゅう遂げくださっですから」。 37  そして彼女父親さらに言った,「わたしためこの行なわますように。二わたし独りさせて,行かください。わたし下りまいります。そして,わたし友達に,わたし処女あることつい泣く+ことお許しください」。 38  それ言った,「行きなさい」。こう彼女あいだ去らた。彼女自分友達一緒出かけ行き,自分処女あることつい泣き悲しんだ。 39  そして終わると,彼女もと帰った。そののちは,[娘]につい自分立て誓約そのとおり行なっ+。彼女関係持つことなかった。そしてイスラエルおいこれ定めなった。 40  すなわち,年ごとイスラエルたち出かけ行き,年ずつギレアデエフタほめる*あっ+

脚注

字義,「わたしあなたが[あるか]」。ヘブライ慣用句; 異議示す反発質問。付録7ロ参照。
または,「進んため,モアブ行き」。
「このたち相続ようと」,七十訳; ウル訳,「このたち取得ようと」。
「あなた」。ヘ語,エローヘイカー; ギ語,テオス; ラ語,デウス; 七十訳,ウル訳エローヘイカー(エローヒーム変化形)を卓越表わす複数理解て,それ単数訳した。
「相続する」,七十訳; ウル訳,「(それが)権利よって[あなたものと]なる」。
「相続する」,七十訳; ウル訳,「(それが)わたしたち所有なる」。
字義,「タンバリン踊りもって」。
「ところで,彼女全く一人子あった」。字義,「さて,彼女だけ彼女ひとりあった」。ヘ語,ウェラク ヒー エヒーダー; 七十訳(ギ語,モノゲネース),ウル訳(ラ語,ウーニゲニタ),「独り子」。創 22:2比較。ルカ 8:42脚注参照。
「娘つい嘆き悲しむ」,七十訳; マソ本訂正することより,「娘答える(と会話する)」。同じヘブライ動詞ターナー(「語る」)が用いられいる5:11参照。