内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

裁き人 1:1‐36

1  そして,ヨシュア+後,イスラエルエホバ問い尋ね+言った,「わたしたちうちだれ最初カナンところ上っ行って,これ戦うべきでしょか」。  これ対しエホバ言わた,「ユダ上っ行く+。見よ,わたし必ずその与える」。  そこでユダ自分兄弟シメオン言った,「くじよるわたし割り当て+上っください。カナン対し一緒戦いましょう。わたしほうあなた割り当て+行きます」。そこでシメオン一緒行っ+  こうユダ上っ行き,エホバカナンペリジ彼らお与えなっ+。そのため彼らこれベゼク撃ち破った。一万あった。  ベゼクアドニベゼク見つけると,彼らこれ戦って,カナン+ペリジ+撃ち破った。  アドニベゼク逃げ行っが,彼ら追撃行っこれ捕らえ,その両手親指両足親指切り取った。  するとアドニベゼク言った,「両手親指両足親指切り取らて,わたし食卓食い物拾う七十た。わたしそのとおりわたし返報加えられ+」。その後,彼らこれエルサレム+連れ行き,そこで死んだ。  さらに,ユダエルサレム対し戦っ+これ攻略た。そこ討っゆき,その都市ゆだねた。  その後,ユダ山地ネゲブ+シェフェラ+住むカナン戦うため下っ行った。 10  そしてユダヘブロン+(ところで,それ以前ヘブロンキルヤトアルバいっ+)に住むカナン向かっ進み,シェシャイアヒマンタルマイ討ち倒し+ 11  次い彼らそこからデビル住むところ進ん+。(ところで,それ以前デビルキルヤトセフェルいっ+。) 12  そのカレブ+こう言った。「だれキルヤトセフェル討っこれ攻略者,そのわたしアクサ+与えよう+」。 13  するとついにカレブ+ケナズ+オテニエル+それ攻略た。そのため,彼これ自分アクサ与え+ 14  すると,家向かっ行くこと,[アクサ]は,自分請うようしきり促すあった。そして,ろば乗っまま自分打ち鳴らし*+。これカレブ彼女言った,「お前欲しいか」。 15  それ彼女言った,「どうか祝福お授けください+。わたし下さっほう一つ土地です。グロトマイム*是非わたしお与えください」。そこでカレブグロトグロト*彼女与え+ 16  また,モーセケニ+娘婿なっある+,その[ケニの]子たち*,ユダやし都市+からユダ荒野上った。それアラド+南方ある。そう彼ら行っそこ住むようなっ+ 17  しかしユダ自分兄弟シメオンさらに進み,ツェファト住むカナン討って,そこ滅びためささげ+。そのため,その都市ホルマ*呼ばれるようなっ+ 18  そのユダは,ガザ+その領地,アシュケロン+その領地,エクロン+その領地攻略た。 19  そして,エホバ引き続きおらため,ユダ山地取得た。しかし,低地平原住民立ち退かせることできなかった。彼ら大鎌つい+戦車*有しからある+ 20  モーセ約束どおりカレブヘブロン与える+,[カレブ]はアナク+そこから打ち払った。 21  また,ベニヤミンエルサレム住むエブス打ち払わなかっ+。そのためエブス今日までベニヤミンエルサレム住んいる+ 22  一方ヨセフ+ベテル+攻め上った。エホバ彼らおら+ 23  そしてヨセフベテル(ところで,その都市それ以前ルズいっ+)に対する偵察+始めが, 24  見張るたちその都市から行くひとり見かけた。それ彼らその言った,「どうか,この都市入る教えほしい。そうたら,わたしたち必ずあなた親切よう+」。 25  そこでそのその都市入る彼ら示した。こう彼らその都市討っ+,そのその家族自由去ら+ 26  そのそのヒッタイト+行っ都市建て,そのルズ呼んだ。それ今日までそのなっいる。 27  また,マナセ+は,ベトシェアン+それ依存する町々,タアナク+それ依存する町々*,ドル+住民そこ依存する町々,イブレアム+住民そこ依存する町々,メギド+住民そこ依存する町々取得なかった。それカナンずっその住み続け+ 28  そして,イスラエルは,自分たち強くなる+カナン強制労働就か+,彼ら全く打ち払うことなかっ+ 29  またエフライムゲゼル住むカナン打ち払わなかった。それカナンその彼らあっゲゼル住ん+ 30  ゼブルン+キトロン住民ナハロル+住民打ち払わなかった。それカナンその彼ら住み続け+,強制労働服するようなっ+ 31  アシェル+は,アコ*住民,シドン+住民,またアフラブ,アクジブ+,ヘルバ,アフィク+,レホブ+打ち払わなかった。 32  そのためアシェルは,そのその住むカナン住むことなった。彼ら打ち払わなかっからある+ 33  ナフタリ+は,ベトシェメシュ住民ベトアナト+住民打ち払わず,そのその住むカナン住むことなっ+。そして,ベトシェメシュベトアナト住民彼らものなっ強制労働服し+ 34  また,アモリダン+山地押し込めた。彼ら低地平原下り来ること許さなかっある+ 35  そしてアモリは,ヘレス山,またアヤロン+シャアルビム+ずっ住み続けた。しかし,ヨセフ重くのしかかるようなって,彼ら労役強いられるようなっ+ 36  そして,アモリ領地は,アクラビム上り坂から+,セラから*上方あった。

脚注

または,「そう自分ろばから滑り降りた」。
「水盆地」の意。
または,「上盆地盆地」。
または,「また,モーセしゅうとあっケニたちが」。
「滅びためささげること」の意; 七十訳バチ写,「アナテマ」; ウル訳,「ホルマ,すなわち,破門<アナテマ>」。
字義,「鉄戦車」。
「それ依存する町々」。字義,「そのたち」。
後代プトレマイス呼ばた。使徒 21:7参照。
または,「そこから」。ヘ語,メーハッセラ