内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 9:1‐18

9  真知恵+その建て+,その七つ切り出した。  それほふる仕事手配*,酒混ぜ合わせた。さらに,その食卓整え+  それ侍女遣わした。町高台から呼ばわるためある。  「経験ないだれここ立ち寄りなさい+」。心欠けいるだれ*+ ― その彼女こう言った。  「来なさい。わたしパン自分養い,わたし混ぜ合わせぶどう飲みなさい+  経験ないたち捨てて,生きつづけなさい+。理解まっすぐ歩みなさい+」。  あざける矯正施しいる自分名誉おり+,邪悪戒め与えいるは ― 自分欠陥+  あざける戒めならない。そのあなた憎むようならないためある+。賢い戒め与えよ。そうすれば,彼あなた愛するあろ+  賢い与えよ。そうすれば,彼さらに賢くなるあろ+。義なる知識分け与えよ。そうすれば,彼学識増すあろう。 10  エホバ恐れ知恵始めあり+最もなる*つい知識理解ある+ 11  わたしよっあなた多くなり+,命あなた加えられるからある+ 12  あなた賢くなっなら,それ自分ため賢くなっある+。あなたあざけっなら,あなたが,ただあなただけが[それを]負うことなる+ 13  愚鈍騒がしい+。全く浅はかで,何ひとつ知るようならなかっ+ 14  そして,自分入口座席に,町高い座っ+ 15  道通っ行くたちに,自分道筋まっすぐ進ん行くたち呼ばわるためある+ 16  「経験ないだれここ立ち寄りなさい+」。そして,心欠けいるだれ*+ ― その彼女こう言った。 17  「盗ん甘く+,ひそかに[食べる]パン ― それ快いものです+」。 18  しかしは,死ん無力たち*そこおり,彼女呼び入れられたちシェオル*低い場所いること知るようならなかっ+

脚注

字義,「彼女そのほふることほふった」。
または,「良い動機欠けいるだれも」。ヘ語,ハサルレーヴ。
「最もなる方」。字義,「聖なるたち」。ヘ語,ケドーシーム。カードーシュ複数で,卓越表わし,「エホバ」を指しいる。GK,§124h参照。
または,「そして,良い動機欠けいるだれも」。ヘ語,ワハサルレーヴ
「死ん無力たち」。ヘ語,レファーイーム; タル,シリ訳,ウル訳(ラ語,ギガンテース),「巨人たち」; 七十訳,「地から生またち」。2:18脚注比較。
「シェオル」。ヘ語,シェオール; ギ語,ハーイドゥー; ラ語,インフェルニー。