内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 8:1-36

8  知恵は呼ばわってはいないだろうか+。識別力は声を上げてはいないだろうか+  それは高台の頂+,道のほとり,通り道の交差する所に立った。  それは門の横,町の口+,入口のその入って行く所で大声を上げて叫びつづける+  「人々*よ,わたしはあなた方に呼びかけている。わたしの声は人*の子らに向けられている+  経験のない者たちよ,明敏さを理解せよ+。愚鈍な者たちよ,心を理解せよ*+  聴け。わたしが話すことは最も重要な事柄についてであり+,わたしが唇を開くのは廉直さについてだからである+  わたしの上あごは低い声でまさに真理を述べるからである+。邪悪さはわたしの唇にとって忌むべきものである+  わたしの口のことばはすべて義にかなっている+。その中には,ねじけたことも曲がったことも全くない+  それはみな,識別力のある者にとっては正直であり,知識を見いだす者たちにとっては廉直である+ 10  銀ではなく,わたしの懲らしめを,最良の金よりも,知識を受けよ+ 11  知恵はさんごに勝り+,他のすべての喜びもこれに及ばないからである+ 12  「わたし,知恵は,明敏さと共に住んだ+。そして,思考力についての知識を見いだす+ 13  エホバへの恐れは悪を憎むことを意味する+。自分を高めること,誇り+,悪い道,ゆがんだ口+をわたしは憎んだ。 14  わたしには助言+と実際的な知恵+がある。わたしには ― 理解+が。わたしには力強さがある+ 15  わたしによって王たちは治め,高官たちは義の布告を出しつづける+ 16  わたしによって君たちは君として支配を行ないつづけ+,高貴な者たちはみな義にそって裁きを行なっている+ 17  わたしを*愛する者たちをわたしも自ら愛し+,わたしを捜し求める者たちはわたしを見いだすのである+ 18  富と栄光*はわたしと共にあり+,価値ある世襲財産と義も[そうである+]。 19  わたしの実は金にも*,いや,精錬された金にも勝り,わたしの産物は最良の銀にも[勝る+]。 20  わたしは義の道筋を+,裁きの通り道の真ん中を歩む+ 21  それは,わたしを愛する者たちに財産を所有させるためである+。わたしは彼らの倉を常に満たしておく+ 22  「エホバご自身が,その道の初めとして*,昔のその偉業の最初+[として]わたしを産み出された*+ 23  わたしは定めのない時から立てられた+。始めから*,地よりも前の時代からである+ 24  水の深み*もなかったときに,わたしは産みの苦しみを伴うかのようにして生み出された+。それは水のみなぎる泉もなかったときである。 25  山々が固く定められる前に+,もろもろの丘に先立って,わたしは産みの苦しみを伴うかのようにして生み出された。 26  []が地+も,空地も,産出的な地*+の塵の塊の最初の部分をもまだ造っておられなかったときに。 27  []が天を備えられたとき,わたしはそこにいた+。[]が水の深みの表面の上に円を定められたとき+ 28  上方の雲塊を固くされたとき+,水の深みの泉を強くされたとき+ 29  海のために水がご自分の命令*を越えないようにとの布告を置かれたとき+,地の基を定められたとき+ 30  そのとき,わたしは優れた働き手*として[]の傍らにあり+,[]*が日々特別の親愛の情を抱く者となった+。わたしはその前で常に喜び+ 31  その地の産出的な土地を*喜んだ+。そして,わたしが親愛の情を抱く事柄は人の子らに関してであった+ 32  「それで今,子らよ,わたしに聴き従え。わたしの道を守る者たちは幸いだ+ 33  懲らしめに聴き従って賢くなれ+。怠慢であってはならない+ 34  日々わたしの戸口で目覚めていることにより,わたしの入口の支柱で見張ることにより,わたしに聴き従っている人は幸いだ+ 35  わたしを見いだす者は必ず命を見いだし+,エホバから善意を得るからである+ 36  しかしわたしを得損なう者は,自分の魂に対して暴虐を行なっているのである+。わたしを激しく憎む者はすべて死を愛する者なのである+」。

脚注

「人々」。ヘ語,イーシーム。イーシュ複数形。イザ 53:3,「人々」の脚注参照。
字義,「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「良い動機抱け」。ヘ語,ハヴィーヌー レーヴ。
「わたしを」,マソ本欄外,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「それ(彼女)を」。
または,「富誉れ」。
も」。ヘ語,メーハールーツ
「の初めて」。ヘ語,レーシート; ギ語,アルケーン; 創 1:1場合ように,ベレーシート(ヘ語)またエン アルケーイ(ギ語)でない; タル,シリ訳,ウル訳(ラ語,イン イニティオー),「初めに」。
「わたし産み出さ」。ヘ語,カーナーニー; タル,七十訳(ギ語,エクティセン メ),シリ訳,「わたし創造た」; ラ語,ポッセーディト メー,「わたし所有た」。創 14:19脚注参照。
字義,「から」。ヘ語,メーローシュ
「水深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーモート。創 1:2,「深み」の脚注参照。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; ラ語,オルビス テッラエ,「地円」。
字義,「口」。
「優れ働き手」。または,「養い子」。ヘ語,アーモーン; タル,「(傍らあって)忠実あり」; 七十訳,「(傍らあって)適切行動し」; ウル訳,「(傍らあって)すべてもの組成し」。
「[神](彼)」。七十訳,シリ訳。
「の産出土地を」。ヘ語,ベテーヴェール; 七十訳,「人住む地」。