内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 7:1‐27

7  我よ,わたしことば守り+,わたしおきて自分蓄えるよう+  わたしおきて守って,生きつづけよ+。わたし律法あなたよう+[守れ]。  それあなた結び+,心書き板書き記せ+  知恵向かっ+「あなたわたし姉妹だ」と言い,理解を「身寄り者」と呼ぶように。  それは,よそから+,自分ことば滑らか異国から,あなた守るためある+  わたし自分から,その格子から+見下ろした。  経験ないたち+よくようあった。わたし欠け*若者+いるどう知ること関心あっからある。  その彼女近い街路過ぎて,その通じる進む+  たそがれに,日夕方+,夜暗闇近づく*ころに。 10  すると,見よ,遊女まとっ+,心こうかつ*会う。 11  その騒がしく,強情+。その自分とどまることない+ 12  今戸外に,今公共広場+,彼女すべて近く待ち伏せする+ 13  そしてつかまえ口づけ+。女厚かましいて,彼言いはじめる。 14  「わたし共与犠牲ささげる務めありまし+。わたし今日,わたし誓約果たしまし+ 15  ですから,わたしあなたお目かかり,あなたお顔捜し求めるため参りました。あなたお会いたい思っからです。 16  わたしわたし寝床上掛けで,色とりどりもの,エジプト亜麻+飾りました。 17  わたし没薬,じん香,そして肉桂振りまきまし+ 18  どうか,来ください。朝なるまでわたしたち満喫ましょう。愛表現交わし+,ぜひ互い楽しみましょう。 19  夫ないからです。かなり道のり出かけまし+ 20  金*持っ行きました。満月自分帰っ来ることでしょう」。 21  女その豊か説得よっ惑わし+。滑らかよったぶらかす+ 22  突然,彼そのつい*行く+。ほふり場向かう雄牛ように。愚か懲らしめため足かせ掛けられ*ように。 23  [そして,]ついに肝臓切り裂くある+。鳥わなとび込むよう+。しかも,彼それ自分かかわることある*知らないいる+ 24  それ今,子よ,わたし聴き従い,わたしことば+注意払え。 25  あなたそのそれ行くことないように。その通り道さまよい込んならない+ 26  彼女倒し打ち殺し多く数え+,彼女よっ殺さゆくすべておびただしい上るからある+ 27  そのシェオル*+あり,それ部屋下っ行く+

脚注

または,「良い動機欠けた」。ヘ語,ハサルレーヴ。
「近づく」,わずか訂正よる; マソ本,「瞳」または「中」。
「こうかつな」。字義,「守らた」。
字義,「銀を」。
または,「女一緒に」。
「足かせ掛けられた」,母音符号打ち方変えることよる; マソ本,「足首飾り(足かせ)」。
「それ自分)にかかわることあるを」。ヘ語,キーヴェナフショー フー; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマエ。付録4イ参照。
「シェオル」。ヘ語,シェオール; ギ語,ハーイドゥー; ラ語,インフェリー。