内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

箴言 6:1‐35

6  我​が​子​よ,もし​あなた​が​仲間​の​者​の​保証​人​に​なっ​た​なら+,[もし]よそ者​に​対し​て​握手​を​し​た​なら+  [もし]自分​の​口​の​ことば​に​よっ​て​わな​に​掛かっ​た​なら+,[もし]自分​の​口​の​ことば​に​よっ​て​捕らえ​られ​た​なら,  我​が​子​よ,その​時​に​は​この​よう​に​行動​し​て​自分​を​救い出せ。あなた​は​仲間​の​者​の​掌中​に​陥っ​た​から​で​ある+。すなわち,行っ​て,自分​を​低く​し*,その​仲間​の​者​に​あらし​の​よう​に​懇願​を​浴びせよ+  自分​の​目​に​眠り​を​与える​な。また,自分​の​輝く​目​に​まどろみ​を[与える​な+]。  手​から[逃れる]ガゼル​の​よう​に,鳥​を​捕る​者​の​手​から[逃れる]鳥​の​よう​に​自分​を​救い出せ+  怠惰​な​者​よ+,あり​の​ところ​へ​行け+。その​やり方​を​見​て,賢く​なれ。  [あり]に​は​司令​官​も,つかさ​も,支配​者​も​い​ない​が,  夏​の​間​に​その​食物​を​備え+,収穫​の​時​に​その​食糧​を​集め​た。  怠惰​な​者​よ,あなた​は​いつ​まで​横たわっ​て​いる​の​か+。いつ​眠り​から​起き上がる​の​か+ 10  もう​少し​眠り,もう​少し​まどろみ,もう​少し​手​を​こま​ぬ​い​て​横たわる+ 11  すると,あなた​の​貧しさ​は​浮浪​者​の​よう​に+,あなた​の​乏しさ​は​武装​し​た​者​の​よう​に​*必ず​やっ​て​来る+ 12  どう​し​よう​も​ない​者*+,有害​な​者​*は,曲がっ​た​話し方​*を​し​て​歩い​て​いる+ 13  目配せ​を​し+,足​で​合図​を​し,指​で​さし​ながら+ 14  ゆがん​だ​性向​が​その​心​の​中​に​ある+。彼​は​常​に​悪い​こと​を​たくらん​で​いる+。いつも​ただ​口論​を​送り出す​だけ​で​ある+ 15  それゆえに,彼​の​災難​は​突然​に​降り懸かる+。彼​は​たちまち​の​うち​に​砕か​れ,いやさ​れる​こと​が​ない+ 16  エホバ​の​憎ま​れる​もの​+が​六つ​ある。いや,その​魂​に​とっ​て​忌む​べき​もの​+が​七つ​ある。 17  高ぶる​目+,偽り​の​舌+,罪​の​ない​血​を​流し​て​いる​手+ 18  有害​な​企て​を​たくらむ​心+,急い​で​悪​に​走る​足+ 19  うそ​を​吐く​偽り​の​証人+,そして​兄弟​の​間​に​口論​を​送り出す​者​+で​ある。 20  我​が​子​よ,あなた​の​父​の​おきて​を​守り行ない+,あなた​の​母​の​律法​を​捨て去っ​て​は​なら​ない+ 21  それ​*を​絶え​ず​あなた​の​心​に​結び+,あなた​の​のど​に​縛れ+ 22  あなた​が​歩き回る​とき,それ​*は​あなた​を​導き+,あなた​が​横たわる​とき,それ​は​あなた​の​ため​に​見張り​を​し+,あなた​が​目覚め​た​とき,それ​は​あなた​の​こと​を​思い​に​留める​で​あろ​う。 23  おきて​は​ともしび+,律法​は​光+,懲らしめ​の​戒め​は​命​の​道​だ​から​で​ある+ 24  それ​は,あなた​を​悪い​女​*から+,異国​の​女​の​滑らか​な​舌​から​守る​ため​で​ある+ 25  あなた​の​心​の​中​で​その​女​の​美しさ​を​欲し​て​は​なら​ない+。また,その​者​が​輝き​の​ある​目​で​あなた​を​捕らえる​こと​が​ない​よう​に+ 26  なぜなら,遊女​の​ため​に[人​は]丸い​パン​一つ​に[落ちぶれる]から​で​ある+。しかし​[他]人​の​妻​の​場合,彼女​は​貴重​な​魂​を​も​狩り立てる+ 27  人​は​その​懐​に​火​を​かき集め​て​おい​て,なお​その​衣​を​焼か​れ​ない​よう​に​する​こと​が​できる​だろ​う​か+ 28  また,人​は​炭火​の​上​を​歩い​て,足​を​焦がさ​ない​よう​に​する​こと​が​できる​だろ​う​か。 29  仲間​の​者​の​妻​と​関係​を​持つ​者​も​これ​と​同じ​で​ある+。これ​に​触れる​者​は​だれ​も​罰​を​免れ​ない+ 30  飢え​て​いる​とき​に​自分​の​魂​を​満たそ​う​と​し​て​盗み​を​働い​た​と​いう​だけ​の​理由​で,人々​は​盗人​を​さげすみ​は​し​ない。 31  それでも,見つけ​られる​と,彼​は​それ​を​七​倍​に​し​て​償い,自分​の​家​の​すべて​の​貴重​な​もの​を​与える​こと​に​なる+ 32  女​と​姦淫​を​犯す​者​は​心​が​欠け​て​おり*+,そう​する​者​は​自分​の​魂​を​滅び​*に​陥れる​の​で​ある+ 33  彼​は​災厄​*と​不​名誉​を​見いだし+,その​そしり​は​ぬぐい去ら​れる​こと​が​ない+ 34  強健​な​者​の​激怒​は​ねたみ​で​あり+,彼​は​復しゅう​の​日​に​情け​を​掛け​ない​から​だ+ 35  彼​は​どんな​贖い​も​考慮​せ​ず,あなた​が​どれ​ほど​贈り物​を​大きく​し​て​も​応じ​よう​と​は​し​ない。

脚注

「自分​を​低く​し」。字義,「あなた​自身​を​踏みつけ」。
または,「不遜​な​者​の​よう​に」。字義,「盾​の​人​の​よう​に」。ヘ語,ケイーシュ マーゲーン
字義,「ベリアル​の​者」。ヘ語,アーダーム ベリーヤアル。
「有害​な​」。ヘ語,イーシュ アーウェン。
「話し方」。字義,「口」。
「それ(それら)」,男性​形。したがって,この​語​は(20​節の)「おきて」と「律法」を​指し​て​いる​の​で​は​ない。後者​は​共​に​女性​形。むしろ,男性​複数​形​の,父​の「ことば」(4:10,20に​出​て​来る)を​指す​の​か​も​しれ​ない。
または,「彼女」,女性​形。
「悪い​女」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「結婚​し​た​女」。
または,「良い​動機​が​欠け​て​おり」。ヘ語,ハサル​・​レーヴ。
または,「破滅」。
または,「打ち傷」。