内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 31:1‐31

31  王レムエル*言葉。その矯正ため与え+重みある音信+  わたし*,[わたしは]何を[言おいるか]。わたし+,[わたしは]何を[言おいるか]。わたし誓約+,[わたしは]何を[言おいるか]。  あなた活力たち+,またあなたを,王たちぬぐい去る[もの]に与えならない+  レムエルよ,それたちべきことない。ぶどう飲むことべきことない。また,「酔わせるどこあるか」とは,高官の[言うべきことない+]。  飲んで,布告こと忘れ,苦悩言い分曲げることないためある+  あなた方は,滅びうせよういる酔わせる+,魂苦しんいるたちぶどう与えよ+  人飲ん自分貧しさ忘れるよい。もう自分難儀思い出さよい。  口きけないため,すべて去っ行くたち*ため+あなた開け+  あなた開き,正しく裁き,苦しんいる貧しい言い分弁護せよ+ א [アーレフ] 10  有能だれ見いだせるだろ+。そのさんごよりはるか貴い。 ב [ベート] 11  彼女所有する*これ信頼置いた。そして,収益欠けることない+ ג [ギメル] 12  彼女その限り,悪なく,善もっ報い+ ד [ダーレト] 13  彼女羊毛亜麻求めた。そして,何あれその喜びなること一生懸命行なう+ ה [ヘー] 14  彼女商人ようなっ+。はるか遠くからその食物*携え来る。 ו [ワーウ] 15  彼女また,まだうち起き+,食物*に,定められ若いたち与える+ ז [ザイン] 16  彼女つい考慮し,そしてそれ入れ+。彼女自分からぶどう設け+ ח [ヘート] 17  彼女た。その活気添える+ ט [テート] 18  彼女自分取り引き良いこと知った。そのともしび消えない+ י [ヨード] 19  彼女糸巻き棒差し出した。そのつかむ+ כ [カフ] 20  彼女そのたなごころ苦しんいる差し伸べ,その貧しい差し出し+ ל [ラーメド] 21  彼女ため恐れない。その皆,重ね*いるからある+ מ [メーム] 22  彼女自分ため上掛け+作った。その衣服亜麻赤紫染め羊毛できいる+ נ [ヌーン] 23  彼女所有する+ところ知られるある+。彼土地年長たち*座るときに。 ס [サーメク] 24  彼女下着+作って[それを]売り,帯商い人渡した。 ע [アイン] 25  その衣服光輝あり+,彼女笑う+ פ [ペー] 26  彼女自分知恵もっ開い+。そのある親切*律法ある+ צ [ツァーデー] 27  彼女自分状態見守っおり,怠惰パン*食べない+ ק [コーフ] 28  その立ち上がっ彼女幸い言っ+。彼女所有するも[立ち上がり],これ称賛する+ ר [レーシュ] 29  有能示し+多くいる。しかしあなたは ― あなたそのすべてより優れいる+ ש [シーン] 30  麗しさ偽りあることあり+,美しさむなしいものなることある+。[しかし,]エホバ恐れる自分称賛得る+ ת [ターウ] 31  彼女その与えよ+。そのところ彼女称賛するものなるよう+*

脚注

「神属する」の意。
「わたしよ」。ヘ語,ベリー(聖書アラムあるバル変化形)。詩 2:12,「口づけせよ」の脚注参照。
字義,「すべて去っ行くことら」。
「彼女所有する」。ヘ語,バラーハ。
「その食物」。または,「彼女パン」。ヘ語,ラハマーハ(27などレヘム変化形)。
字義,「運び去らもの」。ヘ語,テレフ。
「重ね衣」,母音符号打ち方変えることより,七十訳一致て; マソ本,「緋色衣」。
または,「長老たち」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
怠惰パン」。ヘ語,ウェレヘム アツルート
ヘブライ本文印刷は,三文字語<トリグラマトン>,すなわちヘート,ザイン,コーフ三つ文字(חזק)の記載ものある。それヒゼキヤ書記たち書写もの付さ署名で,その仕事完了こと意味いる。