アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 31:1-31

31  王レムエル*の言葉。その母が矯正のため彼に与えた+重みのある音信+  わたしの子よ*,[わたしは]何を[言おうとしているのか]。わたしの腹の子よ+,[わたしは]何を[言おうとしているのか]。わたしの誓約の子よ+,[わたしは]何を[言おうとしているのか]。  あなたの活力を女たちに+,またあなたの道を,王たちをぬぐい去る[もの]に与えてはならない+  レムエルよ,それは王たちのすべきことではない。ぶどう酒を飲むことは王のすべきことではない。また,「酔わせる酒はどこにあるのか」とは,高官の[言うべきことではない+]。  飲んで,布告されたことを忘れ,苦悩の子らの言い分を曲げることのないためである+  あなた方は,滅びうせようとしている者に酔わせる酒を+,魂の苦しんでいる者たちにぶどう酒を与えよ+  人は飲んで自分の貧しさを忘れるがよい。もう自分の難儀を思い出さぬがよい。  口のきけない者のため,すべて去って行く者たち*のために+あなたの口を開け+  あなたの口を開き,正しく裁き,苦しんでいる者や貧しい者の言い分を弁護せよ+ א [アーレフ] 10  有能な妻をだれが見いだせるだろうか+。その価はさんごよりもはるかに貴い。 ב [ベート] 11  彼女を所有する者*の心はこれに信頼を置いた。そして,収益に欠けることがない+ ג [ギメル] 12  彼女はその命の日の限り,悪ではなく,善をもって彼に報いた+ ד [ダーレト] 13  彼女は羊毛と亜麻を求めた。そして,何であれその手の喜びとなることを一生懸命に行なう+ ה [ヘー] 14  彼女は商人の船のようになった+。はるか遠くからその食物*を携えて来る。 ו [ワーウ] 15  彼女はまた,まだ夜のうちに起き+,食物*を家の者に,定められた分を若い女たちに与える+ ז [ザイン] 16  彼女は畑について考慮し,そしてそれを手に入れた+。彼女は自分の手の実からぶどう園を設けた+ ח [ヘート] 17  彼女は力を腰の帯とした。その腕に活気を添える+ ט [テート] 18  彼女は自分の取り引きが良いことを知った。そのともしびは夜も消えない+ י [ヨード] 19  彼女は手を糸巻き棒に差し出した。その手は錘をつかむ+ כ [カフ] 20  彼女はそのたなごころを苦しんでいる者に差し伸べ,その手を貧しい者に差し出した+ ל [ラーメド] 21  彼女は家の者のために雪を恐れない。その家の者は皆,重ねの衣*を着ているからである+ מ [メーム] 22  彼女は自分のために上掛け+を作った。その衣服は亜麻と赤紫に染めた羊毛でできている+ נ [ヌーン] 23  彼女を所有する者+は門のところで知られる者である+。彼が土地の年長者たち*と共に座るときに。 ס [サーメク] 24  彼女は下着+をも作って[それを]売り,帯を商い人に渡した。 ע [アイン] 25  その衣服は力と光輝であり+,彼女は後の日を笑う+ פ [ペー] 26  彼女は自分の口を知恵をもって開いた+。その舌には愛ある親切*の律法がある+ צ [ツァーデー] 27  彼女は自分の家の状態を見守っており,怠惰のパン*を食べない+ ק [コーフ] 28  その子らは立ち上がって彼女を幸いな者と言った+。彼女を所有する者も[立ち上がり],これを称賛する+ ר [レーシュ] 29  有能さを示した娘+は多くいる。しかしあなたは―あなたはそのすべての者よりも優れている+ ש [シーン] 30  麗しさは偽りであることがあり+,美しさもむなしいものとなることがある+。[しかし,]エホバを恐れる女は自分に称賛を得る+ ת [ターウ] 31  彼女にその手の実を与えよ+。その業が門のところで彼女を称賛するものとなるように+*

脚注

「神に属する」の意。
「わたしのよ」。ヘ語,ベリー(聖書アラム語であるバルの変化形)。詩 2:12,「口づけせよ」の脚注参照。
字義,「すべて去って行くことの子ら」。
「彼女を所有する者」。ヘ語,バラーハ。
「その食物」。または,「彼女のパン」。ヘ語,ラハマーハ(31章27節などのレヘムの変化形)。
字義,「運び去られたもの」。ヘ語,テレフ。
「重ねの衣」,母音符号の打ち方を変えることにより,七十訳と一致させて; マソ本,「緋色の衣」。
または,「長老たち」。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。
怠惰パン」。ヘ語,ウェレヘム アツルート
ヘブライ語本文の印刷版の中には,三文字語<トリグラマトン>,すなわちヘート,ザイン,コーフの三つの文字(חזק)の記載されたものがある。それはヒゼキヤ王の書記たちの書写したものに付された王の署名で,その仕事が完了したことを意味している。