アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 3:1-35

3  我が子よ,わたしの律法を忘れてはならない+。あなたの心がわたしのおきてを守り行なうように+  [そうすれば,]長い日々と命の年+と平和があなたに加えられるからである*+  愛ある親切*と真実*があなたから離れることのないように+。それをあなたののどに結べ+。それをあなたの心の書き板に書き記して+  と地の人*の目に*恵みと良い洞察力を得よ+  心をつくしてエホバに依り頼め+。自分の理解に頼ってはならない+  あなたのすべての道において[]を認めよ+。そうすれば,[]ご自身があなたの道筋をまっすぐにしてくださる+  自分の目から見て賢い者となってはならない+。エホバを恐れ,悪から遠ざかれ+  それがあなたのへそのいやしとなり+,あなたの骨の潤い*となるように+  あなたの貴重なものと,あなたのすべての産物の初物とをもって+エホバを敬え+ 10  そうすれば,あなたの貯蔵所は満ちて有り余り+,あなたの搾りおけは新しいぶどう酒であふれる*であろう+ 11  我が子よ,エホバの懲らしめを退けてはならない+。その戒めを憎悪してはならない+ 12  エホバは,父がその楽しみとする子を[戒める]ように+,ご自分の愛する者を戒められるからである+ 13  知恵を見いだした人+,識別力を得る人+は幸いだ。 14  それを利得として得ることは銀を利得として得ることに勝り,それを産物として得ることは金そのものにも[勝る*]からである+ 15  それ*はさんごよりも貴重であり+,あなたの他のすべての喜びもこれに及ばない。 16  長い日々がその右の手にあり+,その左の手には富と栄光*がある+ 17  その道は快い道,その通り道はみな平安である+ 18  それはこれをとらえる者たちには命の木+であり,これをしっかりととらえている者たち+は幸いな者と呼ばれる+ 19  エホバは知恵をもって自ら地の基を据えられた+。識別力をもって天を固く定められた+ 20  その知識によって水の深み*は分かたれ+,雲のかかった空は常に小雨を滴らせる+ 21  我が子よ,それらがあなたの目から離れて行くことのないように+。実際的な知恵と思考力を守れ+ 22  そうすれば,それはあなたの魂にとっての命となり+,あなたののどにとっての麗しさとなるであろう+ 23  そのとき,あなたは自分の道を安らかに歩み+,あなたの足は何物にもぶつからないであろう+ 24  あなたはいつ横たわろうとも,少しも怖れを感じない+。あなたは確かに横たわり,あなたの眠りは必ず快いものとなる+ 25  突然の怖ろしいことも,邪悪な者たちを襲うあらしも,それが到来しようとしているからといって+,あなたは恐れる必要はない+ 26  エホバご自身が実際にあなたの確信となってくださり*+,あなたの足を必ず捕らわれから守ってくださるからである+ 27  あなたの手に善を行なう力があるのに+,それを受けるべき人から*控えてはならない+ 28  あなたのもとに何かがあるのに,仲間の者に,「行って,また来なさい。明日,与えよう」と言ってはならない+ 29  仲間の者が安心感を抱いてあなたと共に住んでいるのに+,その人に対して悪いことをたくらんではならない+ 30  人*があなたに何も悪を行なっていないのなら+,理由もなくその人と言い争ってはならない+ 31  暴虐の者を*うらやんではならない+。また,そのいずれの道をも選んではならない+ 32  ねじくれた+人はエホバにとって忌むべきものであり+,[]の親密さは廉直な者たちと共にあるからである+ 33  エホバののろいは邪悪な者の家にあり+,義なる者たちの住まいを[]は祝福される+ 34  あざける者たちに関することであれば+,[]ご自身があざ笑う+。しかし,柔和な者たちには恵みを示してくださる+ 35  賢い者たちは誉れ*を得ることになり+,愚鈍な者たちは不名誉を高めているのである+

脚注

字義,「彼らは……を加えるであろう」。このヘブライ語動詞は三人称男性複数形(箴 3章1節の「律法」や「おきて」のような女性形ではない)で,不定の主語を指している。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。
または,「と真理」。ヘ語,ウェエメト
「と地の人」。ヘ語,ウェアーダーム
……のに」。ヘ語,ベエーネー エローヒーム
「潤い」。または,「飲み物; 湿り気」。詩 102:9と比較。
字義,「破れ出る」。
……にも[勝る]」。ヘ語,ウーメーハールーツ
または,「彼女」。3章13節の「知恵」を指している。
または,「富と誉れ」。
「水の深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーモート。詩 33:7,「水」の脚注; 詩 42:7,「深みへと」の脚注と比較。
字義,「あなたの確信のうちにいてくださり」,マソ本; 七十訳,「あなたのすべての道の上にいてくださり」。
「それを受けるべき人から」。字義,「その所有者たちから」。ヘ語,ミッベアーラーウ。バアルの複数形。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「のを」。ヘ語,ベイーシュ
または,「栄光」。