アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 27:1-27

27  次の日のことを誇るな+。あなたは一日が何を産むかを知らないからである+  あなた自身の口ではなく,よその者があなたをたたえるように。あなた自身の唇ではなく,異国の者がそうするように+  石と砂の荷の重たさ+―しかし,愚かな者によるいら立ちはその両者よりも重い+  激しい怒りの残酷さがあり,また怒りの洪水もある+。しかし,ねたみ+の前にはだれが立ち得ようか。  明らかになされる戒め+は,隠されている愛に勝る。  愛する者*の負わせる傷は忠実であり+,憎む者の口づけは懇願されるべきもの*+  満ち足りている魂は蜜ばちの巣の蜜を踏みつけるが,飢えた魂には苦いものもみな甘い+  自分の場所から逃げ去る人は+,自分の巣から逃げ去る鳥のようだ+  油と香+は心を歓ばせる。魂の助言ゆえの友の快さもそうである+ 10  あなたの友,またあなたの父の友を捨ててはならない。あなたの災難の日にあなたの兄弟の家に入るな。近くにいる隣人は遠くにいる兄弟に勝る+ 11  我が子よ,賢くあって,わたしの心を歓ばせよ+。わたしを嘲弄している者にわたしが返答するためである+ 12  災いを見た明敏な者は身を隠した+。進んで行った経験のない者は報いを身に受けた+ 13  人がよそ者の保証人となったのであれば,その衣を取れ+。それが異国の女の場合には,彼から質物を取れ+ 14  朝早くから大声を上げて仲間の者を祝福している人,それはその人の呪いとみなされる+ 15  雨の降りしきる日に人を追い立てる雨漏りのする屋根と,争いを好む妻とには,よく似たところがある+ 16  その女を保護する者は風を保護したことになり,その右手が出会うものは油である* 17  鉄はまさしく鉄によって研がれる。同じように,ひとりの人*が他の人の顔を研ぐ*+ 18  いちじくの木を安全に守っている者は自らその実を食べ+,自分の主人*を守っている者は誉れを受ける+ 19  水の中で顔が顔に対応するように,人の心も*人[の心]に[対応する]。 20  シェオルと滅び[の場所*+]とは満ち足りることがない+。人の目もまた満ち足りることがない+ 21  るつぼは銀のため+,炉は金のため+。人はその賛美による+ 22  たとえ,愚かな者をつき臼の中で,砕いた穀物と一緒にきねで細かく突き砕いたとしても,その愚かさは彼から離れない+ 23  あなたは自分の羊の群れの様子をはっきり知っておくべきである。あなたの家畜の群れに心を留めよ+ 24  宝は定めのない時に至るまで存続するわけではなく+,王冠も代々いつまでも存続するわけではないからである。 25  青草は去り,新しい草が現われ,山々の草本は集められた+ 26  若い雄羊はあなたの衣服のためのもの+,雄やぎはあなたの畑の代価である。 27  そして,あなたの食物のため,あなたの家の者の食物のため,またあなたの娘たちの命の糧+のためにも十分のやぎの乳がある。

脚注

「愛する者」。または,「友」。ヘ語,オーヘーヴ。
または,「度を越す」。マソ本を訂正することにより,「腐っている」。
または,「その右手の油は呼ばわる(自らの正体を暴露する)」。
「同じように,ひとりの」。ヘ語,ウェイーシュ
この節はタル,七十訳,シリ訳,ウル訳と一致させて,マソ本の母音符号の打ち方をわずかに変えることにより,こう読める。
「自分の主人」。ヘ語,アドーナーウ。アードーンの複数形で,卓越を表わす。
字義,「地の人も」。ヘ語,ケーン レーヴ・ハーアーダーム
「と滅び[の場所]」。ヘ語,ワアヴァッドー,「アバドン」。ヨブ 26:6の脚注と比較。