内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 26:1‐28

26  夏雪,収穫よう+,栄光愚鈍ふさわしくない+  鳥逃げ去る理由あり,つばめ飛ぶ[理由ある]ように,呪い理由なくやっない+  むちため+,くつわ+ろばため,そして,むち棒愚鈍たちためある+  愚鈍その愚かしたがって答えならない。あなた自身それ等しいならないためある+  愚鈍その愚かしたがって答えよ。彼自分から賢いならないためある+  物事愚鈍押し付けるは,[自分の]足切り取っいる者,暴虐飲んいるよう+  足なえくみ上げか。そうあれば,愚鈍たち箴言ある+  ただ愚鈍栄光授けるは,石閉じ込めるよう+  愚鈍たちある箴言は,とげ草酔いどれ上っよう+ 10  愚鈍+雇う者,または通行雇うは,すべてもの刺し通す射手ようだ。 11  自分吐い戻っ来るように,愚鈍自分愚か繰り返しいる+ 12  自分自ら賢いする+。彼よりも,愚鈍ほうもっと望みある+ 13  怠惰言った,「道若いライオンいる,公共広場ライオンいる」と+ 14  扉回転つづけ,怠惰いすで[回転つづける+]。 15  怠惰隠した。彼うみ疲れて[手]を自分戻すことすらない+ 16  怠惰自分自らを,思慮ある返答するより賢いする+ 17  通りすがり自分関係ない言い争い憤怒するは,犬つかむよう+ 18  火矢+,矢射る狂っいるは, 19  仲間だまして,「面白かっないか」と言っ+ 20  まきなけれ消え,中傷するなけれ口論静まる+ 21  炭おきため,まきためあるように,争い好む言い争い+あおるためものある。 22  中傷する言葉は,むさぼるよう呑み込まれるものようだ。それ一番下っ行く+ 23  悪い伴う,熱情あふれは,土器かけら塗っ上薬よう+ 24  憎む用い自分気づかないようするが,自分欺き置く+ 25  彼その慈しみ深いもの+,彼信じならない+。その七つ忌むべきもの+あるからある。 26  憎しみ欺きよっ覆い隠される。彼会衆あらわされることなる+ 27  坑掘り抜いいるその落ち+,石転がしのけいる者 ― その[石]はそのところ帰っ来る+ 28  偽りは,それよっ打ち砕か憎み+,へつらう*転覆もたらす+

脚注

字義,「滑らか口」。