内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 20:1‐30

20  ぶどうあざけるあり+,酔わせる騒がしい+。それよっ迷い出るみな知恵ない+  王怖ろしさたてがみある若いライオンうなり声よう+。その憤怒招く自分対しおかしいる+  人抗論やめる栄光ある+。しかし,愚か皆[それに]躍り[込む+]。  冬ゆえに怠惰すき返さない+。その刈り取り物ごいすることなるが,何ない+  人ある計り事深いよう+。しかし識別あるそれくみ上げるなる+  多く*それぞれ自分ある親切*ふれ告げる+。しかし,忠実*だれ見いだせるだろ+  義なるその忠誠うち歩んいる+。彼幸い+  王裁き*つき+,自分すべて散らしいる+  だれが,「わたし自分清め+。わたし自分から浄くなった」と言うことできよう+ 10  二種類分銅種類エファ+ ― それ両者エホバとっ忌むべきものある+ 11  少年まさにその行ないよって,その行動浄く,廉直あるどう明らかする+ 12  聞く見る目 ― その両者エホバお造りなっ+ 13  眠り愛しならない。あなた貧しくならないためある+。あなた開け。パン満ち足りよ+ 14  「悪い,悪い!」と買い手言い,そして去っ行く+。それから,彼自分こと誇るある+ 15  金も,また沢山さんごある。しかし,知識貴重ある+ 16  人よそ者保証なっあれば,その取れ+。それ異国場合は,彼から質物取れ+ 17  偽り[によった]パン快い+,後砂利満たされる+ 18  相諮ることよっ計画堅く立てられる+。巧み指導よっあなた戦いせよ+ 19  中傷する歩き回っいるは,内密あらわいる+。自分誘われる*あなた交友持っならない+ 20  自分災い呼び求める+,そのともしび近づくとき消される+ 21  相続初め貪欲よっられる*+,その将来祝福ない+ 22  「悪仕返しするだ」と言っならない+。エホバ待ち望め+。そうすれば,[]があなた救っくださる+ 23  二種類分銅エホバとっ忌むべきもの+,欺きはかりよくない+ 24  強健歩みエホバよる+。地どのよう自分識別できるだろ+ 25  地が,「聖なる+!」と性急叫び,誓約+調べる[気なる]のは,わなある+ 26  賢い邪悪たち散らしおり+,彼ら車輪*引き回す+ 27  地*+エホバともしびあり,腹一番すべて場所注意深く捜す+ 28  愛ある親切真実* ― これ安全守る+。愛ある親切よって[王]は自分王座支え+ 29  若者美しさその+,老い光輝その白髪ある+ 30  打ち傷擦り落とし+,むち打ち一番も[洗い落とす+]。

脚注

「多く人」。ヘ語,ロヴアーダーム。
または,「自分忠節愛」。
字義,「しかし,忠実(複)の」。ヘ語,ウェイーシュ エムーニーム
「裁き」。ヘ語,ディーン; ラ語,イウディキイー。
「唇広く開いた」,別派生取れば。
「貪欲よっられる」,マソ本; タル,シリ訳,ウル訳,「性急られる」。
「車輪」,マソ本; わずか訂正より,「彼ら自身害悪」。
「の息」。ヘ語,ニシュマト。創 2:7場合同じ。
または,「と真理」。ヘ語,ウェエメト