内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

箴言 2:1‐22

2  我よ,あなたわたしことば受け入れ+,わたしおきて自分蓄え+  そして,耳向け知恵注意払い+,心識別+傾けるなら,  さらに,理+求め呼ばわり,識別求め上げるなら+  銀求めるようそれ求めつづけ+,隠さ求めるようそれ尋ね求めつづけるなら+  そのとき,あなたエホバ+理解し,まさに*つい知識見いだすことあろ+  エホバご自知恵与えくださるからある+。そのみ口から知識識別出る+  そして,廉たちため実際知恵+蓄えくださる。忠誠うち歩むたちために,[]は裁き道筋+見守ることよっなっくださる+  また,ご自忠節たち*守っくださる+  そのとき,あなた裁き廉直と,良いこと関する行路全体理解するあろ+ 10  知あなた入り+,知識あなた快いものなるとき+ 11  思あなた守り+,識別あなた保護するあろ+ 12  それは,悪から+,ゆがん事柄話す+から, 13  闇歩むため廉直道筋捨てるたち+から, 14  悪行なうこと歓び+,悪ゆがん事柄喜んいるたち+から,あなた救い出すためある。 15  彼道筋曲がっおり,彼らその行路全般わたっねじくれいる+ 16  [また,]よそから,自分ことば滑らか+異国から,あなた救い出すためある+ 17  その[女]は若い腹心+捨てて,自分契約忘れある+ 18  彼沈ん行き,その進路死ん無力たち*もと下る+ 19  彼関係持つだれひとり帰っ来ることなく,生けるたち道筋取り戻すことない+ 20  そのは,あなた良い人々歩み+,義かなったち道筋守ることある+ 21  廉たち住み+,とがめないたちが[地]に残されるからある+ 22  邪たちから断ち滅ぼさ+,不実たちは[地]から引き抜かれるある+

脚注

「神」。ヘ語,エローヒーム。
または,「ご自分ある親切抱いいるたち」,マソ本欄外(タル,七十訳,シリ訳,ウル訳同様); マソ本,「ご自分ある親切抱いいる者」。
「死ん無力たち」。ヘ語,レファーイーム; タル(ア語),ギッボライイア,「巨人たち」; 七十訳,「地から生またちハデス[ギ語,ハーイデーイ]」; ウル訳(ラ語),インフェロース。