アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 18:1-24

18  自分を孤立させる者は利己的な願望を追い求める+。その者はあらゆる実際的な知恵に逆らって突き進む+  愚鈍な者は識別力を喜びとせず+,ただ,その心は己をあらわにしようとする+  邪悪な者が入って来ると,侮べつもまた必ず入って来る+。不名誉+と共には,そしりがある。  人の口の言葉は深い水である+。知恵の井戸はほとばしる奔流である+  邪悪な者をえこひいきするのはよくない+。また,裁きにおいて義なる者を退けることも+  愚鈍な者の唇は言い争いに加わり+,その口はむち打たれることを呼び求める+  愚鈍な者の口はその者の滅びであり+,その唇はその魂を捕らえるわなである+  中傷する者の言葉は,むさぼるようにして呑み込まれるもののようだ+。それは腹の一番奥へ下って行く+  また,自分の仕事に緩慢であることを示す者+―その人は滅びをもたらす者*の兄弟である+ 10  エホバのみ名は強固な塔+。義なる者はその中に走り込んで保護される*+ 11  富んだ人の貴重なものはその強固な町+。それらはその人の想像の中で保護の城壁なのである+ 12  崩壊に先立って人の心は高ぶり+,栄光には謙遜が先立つ+ 13  聞かないうちに返事をするなら+,それはその人の愚かさであり,恥辱である+ 14  人の霊*は病苦に耐えることができるが+,打ちひしがれた霊については,だれがこれを忍ぶことができようか+ 15  理解ある者の心は知識を取得し+,賢い者たちの耳は知識を見いだそうと努める+ 16  人の贈り物*はその人のために広い[道]を開き+,偉大な人々の前にさえもこれを導く+ 17  訴訟において最初の者は義にかなっている+。その仲間が入って来て,必ず彼を徹底的に調べる+ 18  くじは口論をもとどめ+,力ある者たちをも引き離す+ 19  違犯をおかされた兄弟は強固な町をもしのぐ+。住まいの塔のかんぬきのような口論もある+ 20  人*の口の実によってその腹は満たされる+。人は唇の産物をもって満たされる+ 21  死も命も舌の力のうちに*ある+。それを愛している者はその実を食べる+ 22  [良い]*妻を見いだしたか+。その人は良いものを見いだしたのである+。そしてエホバから善意を受ける+ 23  資力の乏しい者は嘆願を述べるが+,富んだ者は強い調子で答える+ 24  互いに打ち砕こうとする友もいれば*+,兄弟より固く付く友人もいる+

脚注

字義,「滅びの主」。
「保護される」。字義,「高い所に置かれる」,すなわち,手の届かない所,安全な所に。
「人の霊」。ヘ語,ルーアハ・イーシュ。
字義,「地の人の贈り物」。ヘ語,マッターン アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
字義,「ののうちに」。ヘ語,ベヤド
「良い」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および一つのヘブライ語写本; マソ本は省いている。
「もいれば」,タル,シリ訳; マソ本,「の人」。