アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 17:1-28

17  乾いた一切れのパンでも,そこに平穏があれば+,言い争いの犠牲に満ちた家に勝る+  洞察力を示している僕は,恥ずべきことを行なっている息子を支配し+,兄弟たちの間で相続分を持つことになる+  るつぼは銀のため,炉は金のため+。しかしエホバは心を調べる方+  悪を行なう者は有害の唇に注意を払っている+。虚言を吐く者*は逆境を引き起こす舌に耳を貸している+  資力の乏しい者をあざ笑っている者はその造り主をそしったのである+。[他人の]災難を喜んでいる者は処罰を免れない+  年老いた者の冠は孫であり+,子らの美はその父である+  分別のない者に廉直の唇はふさわしくない+。まして高貴な者に偽りの唇は+  贈り物はその偉大な所有者*の目に恵みを勝ち得る石+。その人は自分の向かう所がどこであっても成功する+  違犯を覆い隠す者は愛を求めており+,事を言い立てる者は親密な者たちを引き離してゆく+ 10  理解ある者にとって,一度の叱責は愚鈍な者を百回打つ+よりも深く入る+ 11  悪人はただ反逆を求めつづける+。彼に向かって送られる使者は残酷である+ 12  人は,自分の愚かさを示す愚鈍な者+[に出会う]よりは,子を奪われた熊+に出会え。 13  悪をもって善に報いる者については+,悪がその家から移り去ることはない+ 14  口論の始まりは人が水を噴き出させるようなものである+。それゆえ,言い争いが突然始まってしまう前にそこを去れ+ 15  邪悪な者を義にかなっていると宣告し+,義なる者を邪悪であると宣告する者+―その両者ともエホバにとって忌むべきものである+ 16  愚鈍な者が,心もないのに*+知恵を得るための代価を手にしているのはどうしてか+ 17  真の友はどんな時にも愛しつづけるものであり+,苦難のときのために生まれた兄弟である*+ 18  心の欠けている*人は握手をし*+,その友の前で全責任を負う保証人となる+ 19  違犯を愛する者は闘いを愛している+。自分の入り口を高くする者は崩壊を求めている+ 20  心の曲がっている者は善いものを見いだすことがなく+,舌のねじれている者は災いに陥る+ 21  愚鈍な子供の父となる者―それは彼にとって悲嘆である+。分別のない子供の父は歓ばない+ 22  喜びに満ちた心は治療薬として良く効き*+,打ちひしがれた霊は骨を枯らす+ 23  邪悪な者は裁きの道筋を曲げるために+,懐からわいろをさえ取る+ 24  知恵は理解ある者の顔の前にあり+,愚鈍な者の目は地の果てにある+ 25  愚鈍な子はその父をいら立たせ+,これを産んだ者に苦しみを与える+ 26  さらに,義なる者を科料に処すのは良くない+。高貴な者たちを打つのは廉直なことに反する+ 27  自分のことばを控える者には知識があり+,識別力のある人は霊を冷静に保つ+ 28  愚かな者でも,沈黙しているときには賢い者とみなされ+,自分の唇を閉じる者は理解ある者と[みなされる]。

脚注

「虚言を吐く者」。字義,「偽り」。
「偉大な所有者」。字義,「所有者たち」。偉観を表わす複数形。GK,§124i参照。
または,「良い動機もないのに」。ヘ語,ウェレヴ・アーイン。
または,「兄弟は苦難のときのために生まれるのである」。
または,「良い動機の欠けている」。ヘ語,ハサル・レーヴ
字義,「たなごころ(手)を打っており」。ヘ語,トーケーア カーフ。
「喜びに満ちた心は体に良い働きをし」,マソ本を訂正することにより。