内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 16:1-33

16  心の整える事柄は地の人に*属し+,舌の答えはエホバから出る+  人の道は自分の目にはどれも*浄い+。しかしエホバは霊を見定めておられる+  あなたの業をエホバご自身の上に転がせ+。そうすれば,あなたの計画は堅く立てられる+  エホバはすべてのものをご自分の目的のために造られた+。邪悪な者をも悪い日のために+  すべて心の高慢な者はエホバにとって忌むべきもの+。手が手に[合わさろうとも],人は処罰を免れない+  愛ある親切*と真実によってとがは贖われ+,エホバへの恐れによって人は悪から遠ざかる+  エホバは人の道を楽しまれるとき+,その人の敵たちをもこれと和らがせる+  少ししかなくても,それと共に義が宿れば+,多くの産物があるのに,公正*の欠けていることに勝る+  地の人の心が自分の道を考え出すことがあっても+,エホバがその歩みを導かれるのである+ 10  霊感による決定が王の唇にあるべきである+。裁きのときにその口は不忠実であってはならない+ 11  正しい計器とはかりはエホバのもの+。袋の石おもりはみなそのみ業+ 12  邪悪の行ないは王たちにとって忌むべきものである+。王座は義によって堅く立てられるからである+ 13  義の唇は偉大な王*の喜びである+。廉直なことを話す者を[王]は愛する+ 14  王の激しい怒りは死の使者を意味する+。しかし賢い者はそれをそらす者である*+ 15  王の顔の光には命があり+,その善意は春の雨をもたらす雲のようだ+ 16  知恵を得ることは,ああ,金よりもはるかに勝っている+。そして,銀よりも理解を得ることが選ばれるべきである+ 17  廉直な者たちの街道は悪から遠ざかることである+。自分の道を安全に守る者はその魂を見張っている+ 18  誇りは崩壊に先立ち+,ごう慢な霊*はつまずきに先立つ+ 19  柔和な者たち*と共にいてへりくだった霊を抱く*のは+,自分を高める者たちと共にいて分捕り物を分けるのに勝る+ 20  物事に洞察力を示している者は善を見いだす+。エホバに依り頼んでいる者は幸いである+ 21  心の賢い者は理解ある者と呼ばれ+,唇の甘い者は説得力を加える+ 22  洞察力はその所有者にとって命の井戸である+。愚かな者たちの懲らしめは愚かさである+ 23  賢い者の心はその口に洞察力を示させ+,その唇に説得力を加える+ 24  快いことばは蜜ばちの巣であり+,魂に甘く,骨のいやしとなる+ 25  人の前には廉直な道であっても+,後にその終わりが死の道となるものがある+ 26  骨折って働く者の魂*は,自分のために骨折って働いたのである+。その口が彼を駆り立てたからである+ 27  どうしようもない者*は悪いことを掘り起こしており+,その唇には,いわば,焼き尽くす火がある+ 28  悪巧みをする者は常に口論を送り出し+,中傷する者は親密な者たちを引き離してゆく+ 29  暴虐の者はその仲間をたぶらかし+,必ずこれを良くない道に入り込ませる+ 30  彼は悪巧みをたくらむためにまばたきをしている+。唇を締めつけて,必ず危害を全うさせる。 31  白髪は,義の道に見いだされるとき+,美の冠である+ 32  怒ることに遅い人は力ある者に勝り+,自分の霊を制している人は都市を攻め取る者に[勝る+]。 33  くじはひざに投げられるが+,それによる決定はすべてエホバから来る+

脚注

に」。ヘ語,レアーダーム
は……どれも」。ヘ語,カールダルケーイーシュ
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
または,「裁き」。
「偉大王」。字義,「王たち」。12同じく複数形。威光表わす。
字義,「それ覆う」。ヘ語,エカッペレンナー。
「ごう慢霊」。字義,「霊高さ; 霊ごう慢さ」。ヘ語,ゴーヴァハ ルーアハ。
「柔和たち」,マソ本欄外; マソ本,「苦しむたち」。
「へりくだっ抱く」。ヘ語,シェファルルーアハ。
「魂」。または,「魂願望」。
字義,「ベリアル者」。ヘ語,イーシュ ベリーヤアル。