内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 15:1‐33

15  温答え激しい怒り遠ざけ+,痛み生じさせる言葉怒り引き起こす+  賢たち知識もっ行ない+,愚鈍たち愚かもっほとばしる+  エホバあらゆる場所あっ+,悪い善い見張っいる+  舌穏やかあり+,そのゆがみ打ち砕く+  愚その懲らしめ軽べつする+。しかし戒め留意する明敏ある+  義なる*豊か蓄えあり+,邪悪産物で[人]はのけ者なる+  賢たち知識まきつづける+,愚鈍たちそうない+  邪たち犠牲エホバとっ忌むべきものあり+,廉直たち祈りは[]にとっ喜びある+  邪エホバとっ忌むべきものあり+,義追い求めるを[]は愛される+ 10  懲らしめ道筋捨てるとっ悪い+。戒め憎む死ぬ+ 11  シェオルび[の場所*+]はエホバある+。まして人間*+ 12  あざける自分戒めくれる愛さない+。彼賢いたちところ行かない+ 13  喜満ち顔色よくする+,心痛みゆえに打ちひしがある+ 14  理ある知識尋ね求め+,愚鈍人々愚か熱望する+ 15  苦しむどのみな悪い+。しかし,心善良*絶えが[ある+]。 16  少しかなくも,それエホバ恐れあれ+,物沢山あっも,それ混乱伴う勝る+ 17  野料理そこあれ+,肥やし飼いそれ憎しみ伴う勝る+ 18  激する口論かき立て+,怒ること遅い言い争い静める+ 19  怠おどろようあり+,廉直たち道筋盛り上げられある+ 20  賢歓ばせ+,愚鈍そのさげすんいる+ 21  愚欠けとっ*歓びある+。しかし識別あるまっすぐ進む+ 22  内話し合いないところ計画ざ折あり+,助言多いところ達成ある+ 23  人自分答え歓び得る+。時宜かなっ言葉は,ああ,何良いものあろ+ 24  命道筋洞察もっ行動するとっ向かう+。下シェオルから遠ざかるためある+ 25  エホバ高めるたち打ち壊し+,やもめ境界定められる+ 26  悪企てエホバとっ忌むべきものある+。しかし,快いことば清い+ 27  不利得得る自分のけ者ならせおり+,贈り物憎む生きつづけるなる+ 28  義なる答えるため思い巡らし*+,邪悪たち悪い事柄もっほとばしる+ 29  エホバたちから遠く離れおられる+。しかし,義なるたち祈り聞いくださる+ 30  目+輝き歓ばせ+,良い報告+肥やす+ 31  命戒め+聴いいるは,まさしく賢い人々宿る+ 32  懲らしめ避ける+自分退けおり,戒め聴き従ういる*+ 33  エホバは,知恵向かう懲らしめあり+,栄光謙遜ある+

脚注

「家(々)には」,タル,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「家」。
「と滅び[の場所]」。ヘ語,ワアヴァッドーン,「アバドン」。ヨブ 26:6脚注参照。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「しかし,心善良楽しい)」。ヘ語,ウェトーヴレーヴ。
または,「良い動機欠けとっは」。ヘ語,ラハサルレーヴ
または,「答えるためつぶやきながら熟考し」。
または,「良い動機いる」。ヘ語,コーネ レーヴ。