アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 15:1-33

15  温和な答えは激しい怒りを遠ざけ+,痛みを生じさせる言葉は怒りを引き起こす+  賢い者たちの舌は知識をもって善を行ない+,愚鈍な者たちの口は愚かさをもってほとばしる+  エホバの目はあらゆる場所にあって+,悪い者と善い者とを見張っている+  舌の穏やかさは命の木であり+,そのゆがみは霊を打ち砕く+  愚かな者はその父の懲らしめを軽べつする+。しかし戒めに留意する者は明敏である+  義なる者の家には*豊かな蓄えがあり+,邪悪な者の産物の中で[人]はのけ者になる+  賢い者たちの唇は知識をまきつづけるが+,愚鈍な者たちの心はそうではない+  邪悪な者たちの犠牲はエホバにとって忌むべきものであり+,廉直な者たちの祈りは[]にとって喜びである+  邪悪な者の道はエホバにとって忌むべきものであり+,義を追い求める者を[]は愛される+ 10  懲らしめは道筋を捨てる者にとっては悪い+。戒めを憎む者は死ぬ+ 11  シェオルと滅び[の場所*+]はエホバの前にある+。まして人間*の子らの心は+ 12  あざける者は自分を戒めてくれる者を愛さない+。彼は賢い者たちのところへは行かない+ 13  喜びに満ちた心は顔色をよくするが+,心の痛みのゆえに打ちひしがれた霊がある+ 14  理解ある心は知識を尋ね求め+,愚鈍な人々の口は愚かさを熱望する+ 15  苦しむ者の日はどの日もみな悪い+。しかし,心の善良な*者には絶えず宴が[ある+]。 16  少ししかなくても,それと共にエホバへの恐れがあれば+,物が沢山あっても,それに混乱の伴うのに勝る+ 17  野菜の料理とそこに愛があれば+,肥やし飼いにした牛とそれに憎しみが伴うのに勝る+ 18  激怒する人は口論をかき立て+,怒ることに遅い者は言い争いを静める+ 19  怠惰な者の道はおどろの垣のようであり+,廉直な者たちの道筋は盛り上げられた道である+ 20  賢い子は父を歓ばせ+,愚鈍な者はその母をさげすんでいる+ 21  愚かさは心の欠けた者にとっては*歓びである+。しかし識別力のある人はまっすぐに進む+ 22  内密の話し合いのないところには計画のざ折があり+,助言者の多いところには達成がある+ 23  人は自分の口の答えに歓びを得る+。時宜にかなった言葉は,ああ,何と良いものであろう+ 24  命の道筋は洞察力をもって行動する者にとっては上に向かう+。下のシェオルから遠ざかるためである+ 25  エホバは自分を高める者たちの家を打ち壊し+,やもめの境界を定められる+ 26  悪人の企てはエホバにとって忌むべきものである+。しかし,快いことばは清い+ 27  不当な利得を得る者は自分の家をのけ者にならせており+,贈り物を憎む者は生きつづける者となる+ 28  義なる者の心は答えるために思いを巡らし*+,邪悪な者たちの口は悪い事柄をもってほとばしる+ 29  エホバは邪悪な者たちから遠く離れておられる+。しかし,義なる者たちの祈りを聞いてくださる+ 30  目+の輝きは心を歓ばせ+,良い報告+は骨を肥やす+ 31  命の戒め+を聴いている耳は,まさしく賢い人々の中に宿る+ 32  懲らしめを避ける者+は自分の魂を退けており,戒めに聴き従う者は心を得ている*+ 33  エホバへの恐れは,知恵に向かう懲らしめであり+,栄光の前には謙遜がある+

脚注

「家(々)には」,タル,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「家」。
「と滅び[の場所]」。ヘ語,ワアヴァッドーン,「アバドン」。ヨブ 26:6の脚注参照。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「しかし,心の善良な楽しい)」。ヘ語,ウェトーヴ・レーヴ。
または,「良い動機の欠けた者にとっては」。ヘ語,ラハサル・レーヴ
または,「答えるためにつぶやきながら熟考し」。
または,「良い動機を得ている」。ヘ語,コーネ レーヴ。