内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 14:1‐35

14  真に賢い自分築き上げ+。しかし,愚か自分これ打ち壊す+  廉直歩むエホバ恐れいる+。しかし,自分おい曲がっいるは[]をさげすんいる+  ごう慢愚かあり+,賢いたち彼ら守る+  牛ないところ飼い葉おけきれいが,作物ゆえに豊かある。  忠実証人うそ言わない+。しかし,偽り証人ただうそ吐く+  あざける知恵見いだそ努めが,何ない。しかし,理解あるとっ知識容易ものある+  愚鈍から去れ+。あなた知識認めること決してないからある+  明敏知恵自分理解することあり+,愚鈍たち愚か欺きある+  罪科あざ笑うたち愚かある+。しかし廉直たち同意*ある+ 10  心自分苦しみ知っおり+,その歓びよそ者かかわり持たない。 11  邪悪人々滅ぼし尽くさ+,廉直たち天幕栄える+ 12  人廉直あっ+,後その終わりなるものある+ 13  笑っも,心痛むことある+。歓び悲嘆もっ終わりなる+ 14  心忠実自分結果満ち足り+,善良その行ない結果に[満ち足りる+]。 15  経験ないすべて言葉*信じ+,明敏自分歩み考慮する+ 16  賢い恐れ,悪から遠ざかっゆき+,愚鈍憤怒覚え,自己過信するようなる+ 17  怒ること速い愚かこと行ない+,思考ある憎まれる+ 18  経験ない必ず愚か所有することなり+,明敏たち知識頭飾りつける+ 19  悪人善良たちで,邪悪たちなるかがめなけれならなくなる+ 20  資力乏しいその仲間とっさえ憎しみなる+。しかし,富ん多い+ 21  仲間さげすむおかしいる+。しかし,苦しむたち恵み示しいる幸いある+ 22  危害企てるたちさまよっ行くない+。しかし,善企てるたちある親切*真実ある+ 23  あらゆる労苦よっ利益もたらされる+。しかし,単なる言葉窮乏に[向かう]。 24  賢いたちそのあり,愚鈍たち愚か愚かある+ 25  真実証人*救い出しおり+,人欺く*ただうそ吐く+ 26  エホバ恐れ強い確信宿り+,そのため避難あることなる+ 27  エホバ恐れ井戸あり+,それは[人を]死わなから遠ざける+ 28  民多いこと飾りあり+,人口不足高官滅びある+ 29  怒ること遅い識別富み+,短気*愚か高めいる+ 30  穏やか身体あり+,ねたみ腐れある+ 31  立場低いからだまし取っいるその造り主そしっある+。しかし,貧しい恵み示しいるその[造り主]の栄光たたえいる+ 32  邪悪そのゆえに押し倒さ+,義なるその忠誠*うち避難見いだすことなる+ 33  理解ある知恵宿り+,愚鈍たちそれ知られるようなる。 34  義国民高め+,罪国たみ卑しめるものある+ 35  王楽しみ洞察もっ行動いるあり+,その憤怒恥ずべき行ないいる向かう+

脚注

または,「是認」。
または,「こと」。ヘ語,ダーヴァール。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
字義,「真理証人」。ヘ語,エード エメト。
「人欺く者」。字義,「欺き」。すなわち,欺き証人。ヘ語,ミルマー。
字義,「霊短い」。ヘ語,ウーケツァルルーアハ。
「忠誠」,七十訳,シリ訳一致マソ本わずか訂正することよる; マソ本,「死」。