内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 14:1-35

14  真に賢い女は自分の家を築き上げた+。しかし,愚かな女は自分の手でこれを打ち壊す+  廉直に歩む者はエホバを恐れている+。しかし,自分の道において曲がっている者は[]をさげすんでいる+  ごう慢の棒は愚かな者の口にあり+,賢い者たちの唇は彼らを守る+  牛のいないところでは飼い葉おけはきれいだが,作物は牛の力のゆえに豊かなのである。  忠実な証人はうそを言わない+。しかし,偽りの証人はただうそを吐く+  あざける者は知恵を見いだそうと努めたが,何もない。しかし,理解ある人にとって知識は容易なものである+  愚鈍な者の前から去れ+。あなたが知識の唇を認めることは決してないからである+  明敏な者の知恵は自分の道を理解することであり+,愚鈍な者たちの愚かさは欺きである+  罪科をあざ笑う者たちは愚かである+。しかし廉直な者たちの間には同意*がある+ 10  心は自分の魂の苦しみを知っており+,その歓びによそ者はかかわりを持たない。 11  邪悪な人々の家は滅ぼし尽くされ+,廉直な者たちの天幕は栄える+ 12  人の前には廉直な道であっても+,後にその終わりが死の道となるものがある+ 13  笑っていても,心の痛むことがある+。歓びは悲嘆をもって終わりとなる+ 14  心の不忠実な者は自分の道の結果に満ち足り+,善良な者はその行ないの結果に[満ち足りる+]。 15  経験のない者はすべての言葉*を信じ+,明敏な者は自分の歩みを考慮する+ 16  賢い者は恐れ,悪から遠ざかってゆき+,愚鈍な者は憤怒を覚え,自己を過信するようになる+ 17  怒ることに速い者は愚かなことを行ない+,思考力のある者は憎まれる+ 18  経験のない者は必ず愚かさを所有することになり+,明敏な者たちは知識を頭飾りとしてつける+ 19  悪人は善良な人たちの前で,邪悪な者たちは義なる者の門で身をかがめなければならなくなる+ 20  資力の乏しい者はその仲間の者にとってさえ憎しみの的となる+。しかし,富んだ者の友は多い+ 21  仲間の者をさげすむ者は罪をおかしている+。しかし,苦しむ者たちに恵みを示している人は幸いである+ 22  危害を企てる者たちはさまよって行くのではないか+。しかし,善を企てる者たちには愛ある親切*と真実がある+ 23  あらゆる労苦によって利益がもたらされる+。しかし,単なる唇の言葉は窮乏に[向かう]。 24  賢い者たちの冠はその富であり,愚鈍な者たちの愚かさは愚かさである+ 25  真実の証人*は魂を救い出しており+,人を欺く者*はただうそを吐く+ 26  エホバへの恐れには強い確信が宿り+,その子らのためには避難所があることになる+ 27  エホバへの恐れは命の井戸であり+,それは[人を]死のわなから遠ざける+ 28  民の多いことには王の飾りがあり+,人口の不足には高官の滅びがある+ 29  怒ることに遅い者は識別力に富み+,短気な者*は愚かさを高めている+ 30  穏やかな心は身体の命であり+,ねたみは骨の腐れである+ 31  立場の低い者からだまし取っている者はその造り主をそしったのである+。しかし,貧しい者に恵みを示している者はその[造り主]の栄光をたたえている+ 32  邪悪な者はその悪のゆえに押し倒され+,義なる者はその忠誠*のうちに避難所を見いだすことになる+ 33  理解ある者の心には知恵が宿り+,愚鈍な者たちの中ではそれが知られるようになる。 34  義は国民を高め+,罪は国たみを卑しめるものである+ 35  王の楽しみは洞察力をもって行動している僕にあり+,その憤怒は恥ずべき行ないをしている者に向かう+

脚注

または,「是認」。
または,「こと」。ヘ語,ダーヴァール。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
字義,「真理証人」。ヘ語,エード エメト。
「人欺く者」。字義,「欺き」。すなわち,欺き証人。ヘ語,ミルマー。
字義,「霊短い」。ヘ語,ウーケツァルルーアハ。
「忠誠」,七十訳,シリ訳一致マソ本わずか訂正することよる; マソ本,「死」。