アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 13:1-25

13  父の懲らしめがあれば子は賢い+。しかし,あざける者は叱責を聞かなかった者である+  人はその口の実から良いものを食べる+。しかし不実な行ないをする者たちの魂*は暴虐である+  自分の口を見張る者は自分の魂を守っている+。自分の唇を大きく開く者―その者は滅びに遭う+  怠惰な者は欲しがってはいるが,その魂は何も[得ない+]。しかし,勤勉な者たちの魂は肥える+  偽りの言葉を義人は憎み+,邪悪な者たちは恥ずべき行ないをして身に恥辱を招く+  義は,その道において害のない者を保護し+,邪悪さは罪人を覆すものとなる*+  富んでいるように見せかけて,全く何も持っていない者がいる+。資力が乏しいように見せかけて,多くの貴重なものを[持っている]者がいる。  人の魂のための贖いはその富である+。しかし,資力の乏しい者は叱責を聞かなかった+  義なる者たちの光は歓び+,邪悪な者たちのともしび―それは消される+ 10  せん越であることによって人は闘いを引き起こすだけである+。しかし,一緒に協議する者たちには知恵がある+ 11  むなしさから生ずる貴重なものは少なくなってゆく+。しかし,手で集めている者は増加をもたらす者である+ 12  延期される期待は心を病ませる+。しかし,望みのものが到来すると,それは命の木となる+ 13  言葉を軽んじた者+,その者からは質物が取り上げられ,おきてを恐れる者は報いを受ける者となる+ 14  賢い者の律法は命の源*であり+,それは人を死のわなから遠ざける+ 15  良い洞察力は恵みを与えるが+,不実な行ないをする者たちの道には凸凹が多い*+ 16  明敏な者はみな知識をもって行動し+,愚鈍な者は愚かさを広める+ 17  邪悪な使者は悪に陥る+。しかし,忠実な使節は[人を]いやす+ 18  懲らしめをおろそかにする者は貧しさと不名誉[に陥る+]。しかし,戒めを守る者は栄光を受ける者となる+ 19  願いはそれがかなえられると,魂の楽しみとなる+。しかし,悪から遠ざかることは愚鈍な者にとって忌むべきものである+ 20  賢い者たちと共に歩んでいる者は賢くなり+,愚鈍な者たちと交渉を持つ者は苦しい目に遭う+ 21  罪人たちは災いに追われる者となり+,義なる者たちは善をもって報われる+ 22  善良な者は子らの子たちに相続物を残し,罪人の富は義なる者のために蓄えられるものである+ 23  資力の乏しい者たちの耕地は多くの食物を[産する+]。しかし裁きのないためにぬぐい去られる者がいる+ 24  むち棒を控える者はその子を憎んでいるのであり+,[子]を愛する者は懲らしめをもって[子]を捜し求める+ 25  義なる者はその魂の満ち足りるまで食べている+。しかし,邪悪な者たちは空腹になる+

脚注

「しかし……の魂の願望)」。ヘ語,ウェネフェシュ; ギ語,プシュカイ,複数形; ラ語,アニマ
わずかな訂正による; マソ本は,「邪悪さは罪の捧げ物をゆがめるものとなる」と読むようである。
「源」。または,「井戸」。ヘ語,メコール。
「道には凸凹が多い」,BDB,451ページの提案による; マソ本を訂正することにより,「道は彼らの災難である」。