アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 12:1-28

12  懲らしめを愛する者は知識を愛する者であり+,戒めを憎む者は道理をわきまえていない+  善良な者はエホバから是認を受け+,[邪悪な]考えを抱く人*,[]は[その人を]邪悪であると宣告される+  邪悪さによって堅く立てられる者*はだれもいない+。しかし義なる者たちの根,それはよろめかされることがない+  有能な妻はこれを所有する者にとっての冠であり+,恥ずべき行ないをする女は[夫]の骨の腐れのようだ+  義なる者たちの考えは裁きであり+,邪悪な者たちによる舵取りは欺きである+  邪悪な者たちの言葉は血を[流すために]待ち伏せしている*+。しかし,廉直な者たちの口は彼らを救い出すものとなる+  邪悪な者たちは覆されて*,いなくなる+。しかし,義なる者たちの家は立ちつづける+  思慮ある口のゆえに人は称賛を受け+,心のねじけている者は侮べつの[対象]となる+  [人に]軽んじられてはいても僕を置いている者は,自分の栄光をたたえながらもパンに窮乏する者に勝る+ 10  義なる者はその家畜の魂を気遣っている+。しかし,邪悪な者たちの憐れみは残酷である+ 11  自分の土地を耕す者は自らパンに満ち足り+,無価値なものを追い求める者は心に欠けている*+ 12  邪悪な者は悪人の網のえじきとなったものを欲した+。しかし,義なる者たちの根は[作物]を産する+ 13  唇の違犯によって悪人はわなに掛かる+。しかし,義なる者たちは苦難から抜け出る+ 14  人はその口*の実によって良いものに満ち足り+,人の手*の行なうことがその人に帰って来る+ 15  愚かな者の道は自らの目には正しい+。しかし助言に聴き従う者は賢い+ 16  自分のいら立ちを[同じ]日に知らせるのは愚かな者である+。しかし,明敏な者は不名誉を覆い隠している+ 17  忠実さを送り出す者は義にかなったことを告げ+,偽りの証人は欺きを[告げる+]。 18  剣で突き刺すかのように無思慮に話す者がいる+。しかし,賢い者たちの舌は[人を]いやす+ 19  永久に堅く立てられるのは+真実の唇+であり,偽りの舌はほんの一瞬にすぎない*+ 20  欺きは危害をたくらむ者たちの心にあり+,平和を計る者たちには歓びがある+ 21  有害なことは何も義なる者に降り懸からない+。しかし,邪悪な者たちは必ず災いで満たされる+ 22  偽りの唇はエホバにとって忌むべきものであり+,忠実さのうちに行動している者は[]にとって喜びである+ 23  明敏な者*は知識を覆っており+,愚鈍な者たちの心は愚かさを呼ばわる+ 24  勤勉な者たちの手は支配を行ない+,緩慢な手は強制労働に服する+ 25  人*の心の煩い事はこれをかがませ+,良い言葉はこれを歓ばせる+ 26  義なる者は自分の放牧地をうかがい,邪悪な者たちの道は彼ら自身をさまよわせる+ 27  緩慢さは自分の獲物を追い出さない+。しかし勤勉な者は人*の貴重な富である。 28  義の道筋には命があり+,その通り道の行程は死がないことを意味する+

脚注

「を抱く」。ヘ語,ウェイーシュ
「者」。または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「待ち伏せしている」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞合成形。
「覆されて」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
または,「良い動機に欠けている」。ヘ語,ハサル・レーヴ。
「その口」。字義,「の口」。ヘ語,フィー・イーシュ
の手」。ヘ語,エデー・アーダーム
「ほんの一瞬にすぎない」。字義,「わたしが休ませたい[または,まばたきをしたい]と思う間だけのものにすぎない」。
「者」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「人」。ヘ語,アーダーム。