内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 12:1‐28

12  懲らしめ愛する知識愛するあり+,戒め憎む道理わきまえない+  善良エホバから是認受け+,[邪悪な]考え抱く*,[]は[そのを]邪悪ある宣告れる+  邪悪よっ堅く立てられる*だれない+。しかしなるたち根,それよろめかされることない+  有能これ所有するとっあり+,恥ずべき行ないするは[夫]の腐れよう+  義なるたち考え裁きあり+,邪悪たちよる舵取り欺きある+  邪悪たち言葉を[流すために]待ち伏せいる*+。しかし,廉直たち彼ら救い出すものなる+  邪悪たち覆さ*,いなくなる+。しかし,義なるたち立ちつづける+  思慮あるゆえに称賛受け+,心ねじけいる侮べつの[対象]となる+  [人に]軽んじられ置いいるは,自分栄光たたえながらパン窮乏する勝る+ 10  義なるその家畜気遣っいる+。しかし,邪悪たち憐れみ残酷ある+ 11  自分土地耕す自らパン満ち足り+,無価値もの追い求める欠けいる*+ 12  邪悪悪人えじきなっもの欲し+。しかし,義なるたちは[作物]を産する+ 13  唇違犯よっ悪人わな掛かる+。しかし,義なるたち苦難から抜け出る+ 14  人その*よっ良いもの満ち足り+,人*行なうことその帰っ来る+ 15  愚か自ら正しい+。しかし助言聴き従う賢い+ 16  自分いら立ちを[同じ]日知らせる愚かある+。しかし,明敏名誉覆い隠しいる+ 17  忠実送り出すかなっこと告げ+,偽り証人欺きを[告げる+]。 18  剣突き刺すよう思慮話すいる+。しかし,賢いたちは[人を]いやす+ 19  永久堅く立てられる+真実+あり,偽りほんの一瞬すぎない*+ 20  欺き危害たくらむたちあり+,平和計るたち歓びある+ 21  有害ことなる降り懸からない+。しかし,邪悪たち必ず災い満たされる+ 22  偽りエホバとっ忌むべきものあり+,忠実うち行動いるは[]にとっ喜びある+ 23  明敏*知識覆っおり+,愚鈍たち愚か呼ばわる+ 24  勤勉たち支配行ない+,緩慢強制労働服する+ 25  人*煩い事これかがま+,良い言葉これ歓ばせる+ 26  義なる自分放牧うかがい,邪悪たち彼ら自身さまよわせる+ 27  緩慢自分獲物追い出さない+。しかし勤勉*貴重ある。 28  義道筋あり+,その通り道行程ないこと意味する+

脚注

「を抱く」。ヘ語,ウェイーシュ
「者」。または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「待ち伏せいる」。ヘブライこれ動詞不定詞合成形。
「覆さて」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
または,「良い動機欠けいる」。ヘ語,ハサルレーヴ。
「その口」。字義,「口」。ヘ語,フィーイーシュ
手」。ヘ語,エデーアーダーム
「ほんの一瞬すぎない」。字義,「わたし休またい[または,まばたきたい]と思うだけものすぎない」。
「者」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「人」。ヘ語,アーダーム。