アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 11:1-31

11  欺きのはかりはエホバにとって忌むべきものであり+,完全な石おもりは[]にとって喜びである。  せん越さが来たか。それでは不名誉が来る+。しかし知恵は,慎みある者たちと共にある+  廉直な者たちを導くのはその忠誠であり+,不実な行ないをする者たちによるわい曲は,彼ら自身に対して奪略を行なう*+  貴重な品は憤怒の日に何の益にもならない+。しかし義は,[人を]死から救い出す+  とがめのない者の義はその人の道をまっすぐにし+,邪悪な者は自分の邪悪さのゆえに倒れる+  廉直な者たちを救い出すのはその義である+。しかし,不実な行ないをする者たちは自らの*渇望*によって捕らえられる+  邪悪な者*が死ぬとき,[その]望みは滅びうせる+。また,力強さに[根ざす]期待も滅びうせた+  義なる者は苦難からも助け出され+,邪悪な者が彼の代わりに入って来る+  背教者は[その]口によって仲間の者を滅びに陥れる+。しかし,義なる者たちは知識によって助け出される+ 10  義なる者たちの善良さゆえに町は大いに喜び+,邪悪な者たちが滅びるとき,喜びの叫びが上がる+ 11  廉直な者たちの祝福ゆえに町は高められ+,邪悪な者たちの口ゆえにそれは打ち壊される+ 12  心の欠けている者*は仲間の者をさげすんだ+。しかし,識別力の豊かな人*は沈黙を守る者である+ 13  中傷する者として歩き回る人+は内密の話をあらわにし+,霊*の忠実な者は事を覆い隠している+ 14  巧みな指導がないと民は倒れる+。しかし,助言者の多いところには救いがある+ 15  人はよそ者の保証人となったために必ず苦しい目に遭う+。しかし,握手を憎む者は心配をせずにすむ。 16  麗しい女は栄光*をつかみ+,圧制者は富をつかむ。 17  愛ある親切*を抱いている人は自分の魂を豊かな報いをもって扱っている+。しかし,残虐な者は自分の身をのけ者にさせている+ 18  邪悪な者は偽りの賃金*+,義をまく者は真の所得*を得ている+ 19  義を固く守る者は*命に至り+,悪いことを追い求める者はその死に至る+ 20  心の曲がっている者たちはエホバにとって忌むべきもの+,[自分の]道においてとがめのない者たちはその喜びとなる+ 21  手と手を合わせても,悪人は罰を免れない+。しかし,義なる者たちの子孫は必ず逃れる+ 22  きれいであっても,分別*から離れて行く女は,豚の鼻にある金の鼻輪のようだ+ 23  義なる者たちの願いは確かに良い+。邪悪な者たちの望みは憤怒である+ 24  まき散らしているのに,なおも増し加えられてゆく者がいる+。また,当然出すべきものをとどめているのに,ただ窮乏に至る者もいる+ 25  寛大な魂*は自分も肥え+,[他の者に]惜しみなく水を注ぐ者は,自分もまた惜しみなく水を注がれる+ 26  穀物を抑えて置く者―民衆はその者をのろい憎む。しかし,それを買うことを許す者の頭には祝福がある+ 27  善を捜し求めている者は善意を求めつづけることになる+。しかし,悪を尋ね求める者には,それがその者に臨む+ 28  自分の富に依り頼む者―その者は倒れる+。しかし,義なる者たちは[繁茂した]葉のように栄える+ 29  自分の家をのけ者にならせる人+,その人は風を所有することになる+。愚かな者は心の賢い者の奴隷となる。 30  義なる者の実は命の木であり+,魂を勝ち得ている者は賢い+ 31  見よ,義なる者―その人は地で報いを受ける+。まして邪悪な者と罪人とは+

脚注

「彼ら自身に対して奪略を行なう」,マソ本欄外,ウル訳による。
「自らの」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本は省いている。
「滅び」,七十訳。
「者」。または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
または,「良い動機の欠けている者」。ヘ語,ハサル・レーヴ。
「しかし……」。ヘ語,ウェイーシュ
「霊」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プノエーイ,「息」; ラ語,アニミー。
または,「誉れ」。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。
偽りの賃金」,すなわち,悪い行ないに対する報い。ヘ語,フェウッラト・シャーケル
真の所得」,すなわち,良い行ないに対する報い。ヘ語,セケル エメト
「義を固く守る者は」,マソ本を訂正することによる; タル,「したがって,義を行なう者はだれでも」; 七十訳,シリ訳(ケーンをベーンと読んで),「義の子(義にかなった子)は」。
または,「上品さ; たしなみ」。
字義,「祝福の贈り物を持つ魂」。