内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

箴言 11:1‐31

11  欺きはかりエホバとっ忌むべきものあり+,完全おもりは[]にとっ喜びある。  せん越か。それ名誉来る+。しかし知恵は,慎みあるたちある+  廉直たち導くその忠誠あり+,不実行ないするたちよるわい曲は,彼ら自身対し奪略行なう*+  貴重憤怒ならない+。しかしは,[人を]死から救い出す+  とがめないそのまっすぐ+,邪悪自分邪悪ゆえに倒れる+  廉直たち救い出すそのある+。しかし,不実行ないするたち自ら*渇望*よっ捕らえられる+  邪悪*死ぬとき,[その]望み滅びうせる+。また,力強さに[根ざす]期待滅びうせ+  義なる苦難から助け出さ+,邪悪代わり入っ来る+  背教は[その]口よっ仲間滅び陥れる+。しかし,義なるたち知識よっ助け出される+ 10  義なるたち善良ゆえに大いに喜び+,邪悪たち滅びるとき,喜び叫び上がる+ 11  廉直たち祝福ゆえに高められ+,邪悪たちゆえにそれ打ち壊される+ 12  心欠けいる*仲間さげすん+。しかし,識別豊か*沈黙守るある+ 13  中傷する歩き回る+内密あらわ+,霊*忠実覆い隠しいる+ 14  巧み指導ない倒れる+。しかし,助言多いところ救いある+ 15  人よそ者保証なっため必ず苦しい遭う+。しかし,握手憎む心配すむ。 16  麗しい栄光*つかみ+,圧制つかむ。 17  愛ある親切*抱いいる自分豊か報いもっ扱っいる+。しかし,残虐自分のけ者させいる+ 18  邪悪偽り賃金*+,義まく所得*いる+ 19  義固く守る*至り+,悪いこと追い求めるその至る+ 20  心曲がっいるたちエホバとっ忌むべきもの+,[自分の]道おいとがめないたちその喜びなる+ 21  手合わせも,悪人免れない+。しかし,義なるたち子孫必ず逃れる+ 22  きれいあっも,分別*から離れ行くは,豚ある鼻輪よう+ 23  義なるたち願い確か良い+。邪悪たち望み憤怒ある+ 24  まき散らしいるに,なおも増し加えられゆくいる+。また,当然出すべきものとどめいるに,ただ窮乏至るいる+ 25  寛大*自分肥え+,[他に]惜しみなく注ぐは,自分また惜しみなく注がれる+ 26  穀物抑え置く者 ― 民衆そののろい憎む。しかし,それ買うこと許す祝福ある+ 27  善捜し求めいる善意求めつづけることなる+。しかし,悪尋ね求めるは,それその臨む+ 28  自分依り頼む者 ― その倒れる+。しかし,義なるたちは[繁茂た]葉よう栄える+ 29  自分のけ者ならせる+,その所有することなる+。愚か賢い奴隷なる。 30  義なるあり+,魂勝ち得いる賢い+ 31  見よ,義なる者 ― その報い受ける+。まして邪悪罪人+

脚注

「彼ら自身対し奪略行なう」,マソ本欄外,ウル訳よる。
「自らの」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本省いいる。
「滅び」,七十訳。
「者」。または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「良い動機欠けいる者」。ヘ語,ハサルレーヴ。
「しかし……」。ヘ語,ウェイーシュ
「霊」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プノエーイ,「息」; ラ語,アニミー。
または,「誉れ」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
偽り賃金」,すなわち,悪い行ない対する報い。ヘ語,フェウッラトシャーケル
所得」,すなわち,良い行ない対する報い。ヘ語,セケル エメト
「義固く守るは」,マソ本訂正することよる; タル,「したがって,義行なうだれも」; 七十訳,シリ訳(ケーンベーン読んで),「義子(義かなっ子)は」。
または,「上品さ; たしなみ」。
字義,「祝福贈り物持つ魂」。