アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

箴言 10:1-32

10  ソロモンの箴言+ 賢い子は父を歓ばせ+,愚鈍な子はその母の悲嘆となる+  邪悪な者の宝は何の益にもならない+。しかし義は,[人を]死から救い出す+  エホバは義なる者の魂を飢えさせず+,邪悪な者たちの渇望を押しのけられる+  緩慢な手で働く者は資力が乏しくなり+,勤勉な者の手はその人を富ますものとなる+  洞察力を持って行動する子は夏の時期に集めている。恥ずべき行ないをする子は収穫期にぐっすり眠っている+  祝福は義なる者の頭のためにあり+,邪悪な者たちの口,それは暴虐を覆い隠す*+  義なる者についての記憶は祝福を得ることになり+,邪悪な者たちの名は腐る+  心の賢い者はおきてを受け入れ+,唇の愚かな者は踏みにじられる+  忠誠のうちに歩んでいる者は安らかに歩み+,自分の道を曲げている者は自分自身を知らせることになる+ 10  目配せをする者は痛みを与え+,唇の愚かな者は踏みにじられる+ 11  義なる者の口は命の源*であり+,邪悪な者たちの口,それは暴虐を覆い隠す+ 12  憎しみは口論をかき立て+,愛はすべての違犯を覆う+ 13  理解ある人の唇には知恵が見いだされ+,むち棒は心の欠けた者*の背のためにある+ 14  賢い者たちは知識を蓄える+。しかし愚かな者の口は,滅びの近くにある+ 15  富んだ人の貴重なものはその強固な町+。立場の低い者たちの滅びはその貧しさである+ 16  義なる者の働きは命をもたらし+,邪悪な者の産物は罪をもたらす+ 17  懲らしめに固く付く者は命への道筋である*+,戒めを捨てる者は[人を]さまよわせる+ 18  憎しみを覆い隠す者のいるところには偽りの唇があり+,悪い評判を立てる者は愚鈍である+ 19  言葉が多ければ違犯を避けられない+。しかし,唇を制する者は思慮深く行動しているのである+ 20  義なる者の舌はえり抜きの銀+。邪悪な者の心は価値が少ない+ 21  義なる者の唇は多くの者を養い育て*+,愚かな者たちは心が欠けているために*死んでゆく+ 22  エホバの祝福,それが[人を]富ませるのであり+,[]はそれに痛みを加えられない*+ 23  愚鈍な者にとって,みだらな行ない*は戯れ事のようである+。しかし,知恵は識別力のある人のためのもの*である+ 24  邪悪な者にとって怖ろしいこと―それがその者に臨む+。しかし,義なる者たちの願いはかなえられる+ 25  暴風が過ぎるときのように,邪悪な者はもはやいない+。しかし,義なる者は定めのない時まで保つ基である+ 26  怠惰な者は,この者を送り出す人たちにとって,歯に酢,目に煙のようなものである+ 27  エホバへの恐れは日を増し加える+。しかし,邪悪な者たちの年は短くされる+ 28  義なる者たちの期待は歓ぶことであり+,邪悪な者たちの望みは滅びうせる+ 29  エホバの道はとがめのない者のためのとりで+,滅びは有害なことを習わしにする者たちのためのもの+ 30  義なる者は定めのない時までよろめかされることがない+。しかし邪悪な者たちについては,彼らが地に住みつづけることはない+ 31  義なる者の口―それは知恵の実を結び+,ゆがんだ性向を持つ舌は切り断たれる+ 32  義なる者の唇―それは善意を知ることになる+。しかし,邪悪な者たちの口はゆがんだ性向を持つ+

脚注

または,「暴虐は邪悪な人々の口を覆うであろう」。10章11節と比較。
「源」。または,「井戸」。ヘ語,メコール。
または,「良い動機の欠けた者」。ヘ語,ハサル・レーヴ。
「命への道筋にある」,マソ本の母音符号の打ち方を変更することにより。
養い育て牧し)」。ヘ語,イルウー(yir·ʽu′)。
または,「良い動機が欠けているために」。ヘ語,バハサル・レーヴ
または,「苦痛[を伴う努力]はそれに何も加えない」。
「みだらな行ない」。ヘ語,ジンマー。ガラ 5:19,「行ない」の脚注参照。
「のあるのためのもの」。ヘ語,レイーシュ